資産運用を始めよう!所有している土地を有効活用する5つの方法

0
129

土地を利用した資産運用とは?

例えば相続をして使用しない土地を所有し続けているという方も多いかと思います。固定資産税が地味に痛手になってしまっているという事もありますね。

そこで、今回はそういった土地をうまく資産運用に利用出来るように色々考えていきたいと思います。

引き継いだ土地を売っても良いという方もいれば、多くの場合は何かに利用してみたいというご意見の方が多かったので有効利用を考えていきたいですね。

スポンサーリンク


1.資産運用に使える土地なのか見極める

まず、資産運用に活用出来るだけの土地なのかどうかを見極める必要があります。と言っても、現代の方が土地の需要は上がっていると考えて良いでしょう。

例えば田舎でほぼ需要が無い土地だと思っている方も多いのですが、 現在はそういった土地を老人ホームに利用する会社も増えてきているのです。

今は入居者待ちが発生しているほどで、今もまだ老人ホームは増加し続けています。

そんな中、確かに都市部にあるホームというのは便利ですがお年寄りの生活を考えて田舎にあるホームを選ぶ方も増えてきました。

都市部にあれば家族は通いやすいかもしれませんが、お年寄りの多くは田舎にあるホームを望む方が多いのです。

毎日散歩をしたりゆっくり畑仕事を楽しむ事が出来ますのでそちらの方が良いと選ぶ方も多いのです。

一昔前とは土地の使い方も変わってきていますので、ただ単に田舎だから価値が無いと思って安く売ってしまって後悔した、なんて事が無いようにしたいですね。

2.親族や家族の意見を聞く

次に土地での資産運用を考える前に絶対にしておくべき事をご紹介致します。

それは家族や親族の意見を聞く事です。若くして土地を持っている方の多くは相続で受け継いでいる場合が多いので、後々のトラブルを防ぐためにも相談をしておく事は必須ではないかと思います。

実際にアパートや老人ホームを建てた後にも親族とトラブルになってしまったとのケースが非常に多いのです。

そこで、何かあった時に対策出来るように予め相談しておいた方が無難だという事ですね。

せっかく資産運用を始めてもそれがトラブルの原因になってしまう事もあるというのが土地の恐ろしさです。

確かに受け継いだのはあなただったとしても、先祖代々の土地であれば利用方法について口を挟みたくなってしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そこでトラブルが無く穏便に物事が進められるように予め相談をしておくというのも1つの方法です。

スポンサーリンク


3.資産運用の方法について考える

次に何の用途で資産運用を行うのか考えていきましょう。

基本的に土地を利用するのであれば売る、貸す、もしくはビルやアパートを建てて賃貸をする、商売を行うとさまざま用途が分かれていきます。

自分自身で利用が難しいと判断した場合には売ってしまう事も考えた方が良いでしょう。

土地だけを貸すという方法もありますが、何かトラブルがあった場合個人では対応が難しいという問題も存在しています。

新しく建築する場合にはそれなりのコストがかかりますので、そのコストに見合った収益が上げられるかが問題になります。

ただ建てるだけではなくそういった今後の状況等も見極める必要がありますね。

不動産会社に相談するという方法もあるのですが、出来れば資産運用の専門家に相談した方が無難です。

スポンサーリンク