信頼できる不動産会社を選ぶ5つの方法

0
19

近年、「不労所得」「不労収入」といった言葉が非常に魅力があるとして注目されるようになりました。

確かに働かなくても収入を得るチャンスがあるというのは非常に嬉しいですね。

そんな中、サラリーマンや農家をやりながら大家で毎月大きな収入を得ている方々が登場し、各地でセミナーを開いたり本を出版しています。

そんな中、うまくやっていくにはどうしても良い不動産会社との出会いが条件となります。

そこで、今回は良い不動産会社というのはどういう会社なのかご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.手数料のバランスが取れている不動産会社を選ぶ

資産運用を行っていく中で重要となるのが手数料の存在です。

例えば、不動産会社に仲介を任せる方が殆どになります。

しかし、もちろん無料で仲介を行ってくれるのではなく、手数料がかかる場合もありますし一括借上をお願いする場合にも手数料というのは常につきまとってしまいます。

では、単純に手数料が安い方が良い業者なのかというとそうではありません。

極端な例ではあるものの、中には安い手数料をエサにしている業者も多いからです。

つまり、手数料こそ安いものの他にかかる費用が多いという事ですね。

こういった業者も多いので注意しなければなりません。

そこで、手数料のバランスが上手く取れている不動産会社を選ぶようにしましょう。

サービスが行き届いており意思疎通も上手くいくという事であれば若干高い手数料でもバランスが取れています。

自分が希望しているサービスの内容と手数料のバランスが上手く取れている会社を選ぶのが最も無難と言えますね。

2.資産運用に対して理解のある不動産会社を選ぶ

更に確認しておきたいのは資産運用という観念に理解のある不動産会社かどうかという点です。

この点に関しては、自分の希望というものがあるかと思います。

ある程度自分で管理したいという方もいれば、なるべく任せておきたいという方もいらっしゃいますね。

そういった希望の中で、資産運用という目的で賃貸物件を所有しているという考えについて理解がある会社かどうかが重要になってくるのです。

これは当然の考えであると思いますし、そうであってほしい点なのですが、事務的に対応している会社というのも少なくはありません。

そこでこちら側のライフプランに対して一定の理解を示してくれるような柔軟な考えの不動産会社を選ぶ必要があるのです。

スポンサーリンク


3.口コミだけを信じない

インターネットが普及した今、口コミを簡単に見る事が出来るようになりました。

しかし、不動産会社の口コミというのは単純に信用してはいけません。

というのも、資産運用を目的とした方をメインにした会社の中には、まだ若い会社も多いからです。

実際には他の会社よりも条件が悪かったとしても、対応が良ければ良い会社だと判断してしまう事もありますよね。

確かに対応の良さというのは長く付き合いを続けていくうえで非常に重要になります。

しかし、人間というのはそれだけで良い悪いを判断してしまいがちなのです。

更に、不動産投資を行う方の中には実際知識が殆ど無いという方が多いです。

それによって不動産会社に任せっきりになってしまう事が多々あります。

知識が無い時点で色々と動いてくれる業者というのは余程態度が悪くなければ良い業者と捉えがちですので、少ない口コミをそのまま信用してしまうのは危険なのです。

スポンサーリンク