長期投資と分散投資を使った5つの資産運用の方法

0
106

長期投資や分散投資について

実は資産運用をしていく中で非常に重要なポイントではあるのですが、まだまだこの重要性についてあまり理解されていない方が多いかと思います。

ここを理解しておけば資産運用におけるプランニングも非常に楽になりますので是非抑えておいて頂きたいポイントですね。

それでは初心者の方でもわかりやすいようにご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.長期投資の重要性について考える

まずは資産運用の中でも長期投資について考えていきましょう。その名の通り長期間において投資を行っていく事ですね。

実はこれこそが資産運用の中でも最も基本となるのです。

「資産運用ってお金が増えるんでしょう?なら、短期間でも良いのではないか」というのが近年増えてきたご意見の1つです。

しかし、そう簡単に増える訳ではないのです。

短期間で資産を増やすためにはハイリスクな方法を選ぶ必要があります。

その反対で、長期投資は比較的ローリスクなものが多く、大きな増加は見込めませんが、長期で考えると大きく増やす事が可能です。

一千万円の差が老後では大きな差になる事があります。

しかし、その一千万円は長期投資であれば夢のような金額ではなく、非常に現実的な数字です。

そのため老後を考えて資産運用の割合の多くを長期投資にする方がいらっしゃるのです。

2.分散投資の重要性を考える

次は分散投資の重要性について考えてみましょう。こちらも同様に分散させて投資を行うという事ですので名前から判断しやすいですね。

では、何故分散させる事が重要なのでしょうか。

それは、リスクを軽減させるためです。もし株式投資のみに絞っているとしたら、市場が暴落してしまった時には対応出来ません。

そんな時に現金での備えが無ければ大打撃を受けてしまう事でしょう。

逆に定期預金など主に現金での備えを用意していたとしても、激しいインフレになってしまった場合はどうでしょうか。

お金そのものの価値が非常に低くなってしまうのです。

そんな時、お金に変わるものとして何か備えが必要ですよね。

このように、分散投資によってもしもの時に対応する事が出来るのです。

そのため資産運用には必ず必要な考えとなっています。

現在資産運用を行っているという方はこの分散がしっかりできているか必ず確認してみましょう。

スポンサーリンク


3.2つを考えた上で資産運用を組み合わせる

では、実際に長期投資と分散投資を考えて資産運用を組み立ててみましょう。これは割合こそ悩んでしまうものの簡単ですね。

つまり、投資を分散させる中に長期投資を組み込めば良いだけなのです。

では、一緒に組み合わせる資産運用にはどのようなものを選べば良いのでしょうか。これこそ個人の好みで選んで頂く事が出来ます。

例えば定期預金を長期投資として選び、純金積立や株式投資、リスクを分散させるという事を考えると外貨への投資も考えられます。

悩んでしまうポイントではあるものの実際にはある意味考えるのが非常に楽しいポイントでもありますのでリラックスして考えてみてください。

もし自分ではなかなか判断出来ないという場合には専門家に相談してみるというのも1つの手段でしょう。

スポンサーリンク