ファンダメンタルの意味とは?「投資で失敗しないための使い方」

0
111

ファンダメンタルとは基礎的事項と訳される経済的な指標を意味しています。

fxなどを行うときには、経済指標を知ることで、より精度の高い売買をすることができます。

では、ファンダメンタルの意味と失敗しない使い方について、考えていきましょう。

スポンサーリンク


1.ファンダメンタルとは基礎的事項を意味している

まずは、ファンダメンタルの意味について解説します。

ファンダメンタルというのは、マクロ経済において雇用や生産、物価などの基礎的な事項を指しています。

その基礎的な事項を元にして、金利や資産価値が正当化されるのです。

また、株式投資におけるファンダメンタルというのは、その企業の銘柄の基礎的な情報を表しています。

販売動向や投資計画などが株式投資におけるファンダメンタルになります。

fxでは変動相場制に移行してから、経済成長率などが各国の格差を反映し、相対的に通貨価格が変動するようになりました。

基礎的条件というのは、一定であることが望ましいのですが、その均衡が崩れてしまうと相場が大きく変動してしまうので国際経済の不安定さが増してしまいます。

そのことから「為替レートの決定要因」として重要視されているのがファンダメンタルなのです。

このファンダメンタルを利用した投資手法をファンダメンタル分析といい、トレードの際の指標の1つになるのです。

つまり、ファンダメンタルの意味とは、経済的指標に合わせて分析していくことができるということなのです。

2.ファンダメンタルの意味が分かると中長期トレードに役立てられる

ファンダメンタルを利用する投資の意味というのは、短期的な売買ではなく、中長期的な売買が望ましいとされています。

そもそも、投資をするときの分析には、テクニカル分析とファンダメンタル分析の2種類があります。

テクニカル分析は短期的なトレードに向いていて、ファンダメンタル分析は中長期的トレードに向いているといわれています。

ファンダメンタル分析というのは、経済成長率や金利政策などの指標を元にして、理論的に将来的な値動きを予想していきます。

一方、テクニカル分析は直近の値動きから、すぐ先の値動きを予想するものになるのです。

ファンダメンタルを投資に利用すると、分析に時間がかかってしまうというデメリットがあります。

ですが、fxであればスワップ金利を目的としてトレードしている人などには、長期的なトレードの指標となるので、とても便利なものなのです。

経済成長率などの意味を考えて分析していくのは難しい理論になってしまいますが、中長期的売買をしたいと思う人には、ファンダメンタルの利用をおすすめします。

スポンサーリンク


3.テクニカル指標と組み合わせて使うと精度が上がる

国や企業の状況を判断する材料になるものがファンダメンタルですが、これはテクニカル分析と合わせて利用することで、より精度を上げることができるのです。

株でもfxでも、「なんらかの根拠」があって売買をしますが、この根拠というのは、さまざまな分析によって出されるものです。

テクニカル分析では、直近の株や通貨の値動きを根拠とします。

ファンダメンタルを利用する場合には、国や企業の経済状況などが根拠になります。

どちらも同じように売買の根拠にはなりますが、この2つはどちらか片方しか使ってはいけないというルールはないのです。

出来れば、ファンダメンタルもテクニカル分析もどちらも使ったほうがいいといえるでしょう。

例えば、テクニカル分析で売買のシグナルが出ているとき、ファンダメンタルを見ても売買のタイミングだと分かれば、より精度の高いシグナルとして判断できるのではないでしょうか。

ファンダメンタルとテクニカル分析を組み合わせることで、より売買の判断の精度を上げることができるという意味も兼ね備えているのです。

スポンサーリンク