ファンダメンタルズとは?「国や企業の経済状況を判断する」

0
204

ファンダメンタルズという言葉は、fxや株式投資を行っているとよく目にする言葉です。

経済指標という大まかな情報は知っていても、実際にファンダメンタルズを活用する方法というのは少し複雑なのです。

では、ファンダメンタルズを上手に活用するために、どんなものなのかを詳しく考えていきましょう。

スポンサーリンク


1.ファンダメンタルズとは経済の基礎的条件である

まず、ファンダメンタルズとは何かについて考えていきます。

ファンダメンタルズというのは、日本語に訳すと「経済の基礎的条件」になります。

これは、経済のマクロ面、もしくは個別企業の財政状況などのミクロ面を表す指標になるのです。

つまり、その国や企業の経済活動を表す基礎的な要因ということになります。

国や地域のファンダメンタルズの場合には、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれにあたります。

これらの指標の数値によって、その国が好景気なのか、不景気なのか、将来的な予測はどうなのかということを分析することができるのです。

企業の場合には、売上高や利益、資産、負債などの財政状況がファンダメンタルズとして取り上げられます。

これらを元に国や企業の良し悪しを判断するための分析をファンダメンタルズ分析というのです。

一般的に、企業のファンダメンタルズは株式投資に使われ、国や地域のファンダメンタルズはFXに利用されます。

2.分析をするためには、PERやPRBを知っておくことが必要になる

株式投資におけるファンダメンタルズの利用では、割安度を探るための指標にすることができます。

投資と言うのは、どんなものであっても「安く買って、高く売る」ということが利益を出す条件になります。

なので、fxの場合には通貨が安いときに買い付け、価値が上がったら売るという方法を取ります。

株式の場合も同じで、株価が割安のときに買い、高くなったら売ることで利益が出るのです。

ファンダメンタルズを利用して株式投資を行うときには、PERやPBRを利用しましょう。

PERは「株価÷一株あたりの利益」を計算することで出すことができ、株の割安度を測ることができます。

PERを見るときには、高いほど割高であり、低いほど割安であるということを覚えておくといいでしょう。

PBRも同じで、株の割安度を測ることができます。

PBRは「株価÷一株あたりの株主資本」で計算ができます。

こちらも高いほど割高、低いほど割安です。

ファンダメンタルズを利用してこれらを計算することで、割安の株を買い付けることができるのです。

スポンサーリンク


3.ファンダメンタルズを利用して投資リターンを知るにはROEを知ることが大切になる

ファンダメンタルズは、その会社がどのくらいの利益を上げるのかということを分析するためのものでもあります。

ROEは、株主資本利益率といい、その会社がどのくらい稼ぐ力を持っているのか、どのくらいの利益を出すことができるのかということを数値化することが出来るのです。

自分が投資をする会社が利益を出さないのでは投資をする意味がないので、しっかり利益を出す会社を選びたいというときの目安となります。

ROEは「当期利益÷株主資本」で計算することができます。

ROEは、自分がお金を出すことでどのくらいの利益を出すことができるのかということを知るための指標になります。

なので、ROEを見るときには少しでも数値の高いところを選ぶべきなのです。

ですが、ROEは借金をして利益を出していたとしても上がってしまう数値なので、株主資本比率が低い企業への長期的な投資は避けたほうがいいでしょう。

ファンダメンタルズを利用すると、先々の利益を知ることができるのです。

スポンサーリンク