macdの計算式で分かる売買のタイミング

0
56

macdは株やfx投資で利用されるテクニカル指標の1つで、計算式から自由に期間の設定をすることができるようになっています。

期間の設定というのは売買のタイミングに大きく影響してくるので、それぞれ自分の取引の仕方に合わせて期間の設定をしています。

では、macdの計算式から、売買のタイミングを知るための方法を紹介します。

スポンサーリンク


1.macdは移動平均線をベースにしたテクニカル指標である

まず、計算式の前にmacdについて説明していきます。

macdはトレンド系のテクニカル指標として人気が高く、たくさんの人が使っているテクニカルツールです。

2本の移動平均線のグラフを元に、売買のシグナルを見つけていきます。

シグナルの見方は簡単なので、初心者でもすぐに使いこなすことができるのも、人気が高いポイントの1つです。

相場の予想をするときには、「直近のデータ」が重要になります。

macdは直近のデータを元にグラフを作成していくので、トレンドの方向性を測るのに優れているのです。

macdにはmacdラインとシグナルラインという2本の移動平均線があります。

これは期間を設定して計算をすることで、自分オリジナルのものに変えていくことも出来ます。

macdを利用するときには、自分がどのようなトレードをするのかを基準にして、それに合わせて計算式を作りグラフを変えていくことで、より正確なサインを見つけることができるのです。

2.macdの計算式は指数平滑移動平均を利用する

macdの計算式は少し複雑ですが、覚えておくと自分にあった期間の設定ができるようになります。

まず、macdの計算式では、「指数平滑移動平均線(EMA)」というものを利用します。

EMAの計算式は「計算したい日数分の価格の合計÷日数」です。

n日間のEMAであれば「(c1+c2+c3+…cn)÷n」になります。

EMAが分かったら、次にmacdの計算をしていきます。

macdは通常、「12、26、9」という期間の設定をしています。

なので、9日間の指数平滑移動平均(A)は「前日の9EMA+(2÷10)×(当日終値−前日の9EMA)」になります。

12日間の指数平滑移動平均(B)は「前日の12EMA+(2÷13)×(当日終値−前日の12EMA)」になります。

26日間の指数平滑移動平均(C)は「前日の26EMA+(2÷27)×(当日終値−前日26EMA)」です。

この数値を元に、「macd=(B)−(C)」、「シグナル=(A)」、「macdヒストグラム=macd−シグナル」という計算式で算出することが出来ます。

スポンサーリンク


3.エクセルでも計算式を出すことが出来る

macdの計算式は、エクセルを使っても行うことができます。

エクセルでmacdの計算を行うときに使う関数は「AVERAGE(指定した数値の平均値を計算)」、「OFFSET(基準セルから指定した行数や列数を参照する)」、「IF(条件式、条件が満たされている場合には値1、満たされていない場合には値2を表示)」などです。

macdは移動平均線などを利用したテクニカル指標なので平均値などが素早く計算できるエクセルで表を作りながら計算していくと分かりやすいのです。

最初に指数平滑移動平均を求める必要があるので、「AVERAGE」の関数を使って指数平滑移動平均の値を求めていきます。

そのときには、「OFFSET」を利用することで、範囲を指定して計算をしていくことができます。

その後、macdやシグナルの計算をしていきます。

自力で計算をしていくことも可能ですが、macdの計算式は複雑なので、エクセルの関数をつかって計算をしていく方が簡単かもしれません。

スポンサーリンク