起業して成功するための5つの条件「自分が好きなことを追求する!」

0
220

起業をしても成功する人と、失敗してしまう人の2つに別れてしまいます。

何がそれを分けているのでしょうか?

起業して失敗せず、成功するための条件とはどんなものなのでしょうか?

成功のための条件を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


1.好きなことは成功する

世の中で、成功している人を見てみると、ひとつの共通点があります。

それは「嫌いな仕事で成功している人はいない」ということです。

自分の好きなこと、興味のあること、楽しいことだから、人は頑張ることが出来ます。

でも、嫌いなこと、興味のないこと、つまらないことは、すぐに飽きてしまいます。

仕事をするとき、しかも、自分ひとりで自分の仕事のスケジュールを立ててやる仕事の場合、嫌いな仕事ならサボりがちになってしまうでしょう。

そうなってしまえば、仕事での成功もなくなってしまうのです。

世の中で有名な起業家の人たちはみんな、自分の好きなことや興味のあることを追及していって成功をつかみました。

ですから、起業をするときには、好きなことを基準に仕事を考えていくといいでしょう。

成功をするチャンスをつかむためには、自分が好きなことを追求することが大切なのです。

2.何でも具体的に考える

「成功」というのは、実に曖昧な言葉です。

人によって「成功」の基準が違うので、一概に「成功」といっても、どんなものか想像することは難しいと思います。

そこで、具体的に「成功」について考えて見ましょう。

あなたは、どうなったら成功したと思えるでしょうか?

例えば「毎月10万円の貯金が出来て、普通の生活が出来ていれば成功」と考える人も居ると思います。

「豪邸に住んで、高級車を持っているのが成功」と考える人も居ます。

「成功」というのは、人それぞれのものなのです。

ですから、「成功したい」と思ったときには、どんな風に成功したいのかというのを、具体的にイメージします。

そして、そのイメージは常に心の中に留めておくようにしましょう。

イメージした成功に向かって進んでいることを常に覚えておけば、いつの間にか欲しかった成功に近づいていることが分かると思います。

スポンサーリンク


3.労働時間を長くしない

自営業というのは、自分で労働時間を決めることが出来ます。

1時間のうちで、30分休んで30分仕事をして、朝9時から夜中の12時まで仕事をする、ということも出来てしまうわけです。

休日返上、毎日仕事をして売上を上げていく、と言うことも出来ます。

言い換えれば、全てが自分次第なのです。

ですが、成功する人は、就業時間をきちんと決めて、休むときには休むことを徹底しています。

例えば、朝9時から夜7時まで仕事をして、お昼に1時間の休みを取る。

土日は休みで、月曜から金曜までを働くというのが、理想なのです。

休むことも仕事をすることも、とても大切なことです。

どちらも大切なのであれば、就業時間を闇雲に長くしないで、しっかりと時間を区切って働くことが大切です。

これは、長く仕事を続けるためにも大切なので、最初のうちから徹底していきましょう。

スポンサーリンク