学校では教えてくれない!お金を稼ぐ5つの基本

0
1647

4.自分のお金で、お金の勉強をすること

自分で稼いだお金を使うことは、一番、身につくお金の勉強です。

学生のとき、親から貰ったお小遣いを使って色々なことをしていても、罪悪感があったという人は少ないと思います。

スポンサーリンク



ですが、自分でお金を稼いで、そのお金をギャンブルなどで浪費してしまうと、すごく勿体無い使い方をしたような気になってしまうのです。

自分で稼いだお金というのは、そのお金の中に苦労が見えるものです。

コレだけの大変な思いをしてお金を稼いだのだから、このお金は大切なものだと思えるのです。

ですから、その大変な思いをして稼いだお金を浪費してしまうと、「これからはしないようにしよう」という気持ちが強くなります。

自分で稼いだお金というのは、それだけ重たいものなのです。

お金の勉強は、実際にお金を使ってしていくことになります。

早めに失敗をしておけば、立て直して、堅実なお金の使い方が出来るようになるのです。

5.お金で解決できることの方が多い

実際、世の中を見てみると、お金で解決できることがほとんどです。

「お金じゃない」

「お金より大切なこともある」

と、学校では教えられることもあるでしょう。

お金ですべてを買うことは出来ませんし、「幸せ」や「満足感」というのはお金の価値だけでははかることができません。

ですが、お金で解決できることが多いのも、世の中の仕組みなのです。

今、世界は資本主義社会ですから、お金が中心になって世の中が回っています。

つまり、お金を払うことで色々な不便が解消できたり、色々なことを解決することができるのです。

お金がない人ほど、「お金じゃない」という言葉を口にします。

ですが、「お金じゃない」と思うのは、「幸せ」などの価値観を語るときだけです。

お金で解決できることはお金で解決してしまえば、自分の生活はもっと楽になります。

そして、お金に感謝することで、より多くのお金を手にすることが出来るのです。

スポンサーリンク


学校では教えてくれない!お金を稼ぐ5つの基本

1.お金は世界共通の手段である
2.上手にお金を使える人=上手に生きられる人
3.お金は使うためにあるもの
4.自分のお金で、お金の勉強をすること
5.お金で解決できることの方が多い

お金を稼ぐ

私達の意識の中では、無意識に、「お金の話はタブー」と思ってしまいがちです。

ですが、お金の話をすることは、お金に対してより意識を向けることになるのです。

お金の話を避けている人のところには、お金は寄ってこないことを覚えておきましょう。