起業で成功した人に多い共通点「あなたに足りないものはどれ?」

0
180

起業に成功した人たちには、ある共通点があると言われています。

これから起業をしようという人も、すでに起業をしているけど売上が上がらないという人も、この共通点を知ることは大切になります。

共通点を知れば、自分に足りないものが分かるかもしれません。

スポンサーリンク


1.タイプA型人間である

タイプA型というのは、心理学で使われる用語のひとつです。

起業に成功した人は、このタイプA型の人が多いと言われています。

タイプA型の性格は、目標達成衝動が強く、時間におわれている感覚を持っていたり、競争心が旺盛な人です。

野生的で、イラつきやすい性格をしているので、頑張りすぎて病気になってしまうことも多いと言われています。

ですが、こういった人ほど起業をしたときに成功しやすい人なのです。

行動的であり、目的達成のための努力を惜しむことがないタイプA型の人の性格は、起業をしたときにはとても有利に働きます。

起業をするということは、最初はがむしゃらに仕事をしなければいけない状況になります。

その状況でも、成功と言う目的のために努力をすることが出来る人こそが成功するチャンスをつかむことが出来るのです。

どんな状況でも、目的のための努力を惜しむようでは、成功することは出来ません。

2.朝型の人

日本には昔から「早起きは三文の徳」という言葉があります。

早起きをすることで、良いことがあるという物のたとえです。

この言葉は、最近流行りの朝活にも繋がります。

朝活は、朝にビジネスに繋がるような活動をすることで、朝に活動することがとてもいいとされているのです。

そもそも、人の頭というのは、午前中が一番働くように出来ているといわれています。

その時間を無駄にするのではなく、しっかり有効に使うことで、仕事の効率が上がるのです。

例えば、自営業だからといって、午前中は寝ていて、午後から夜中にかけて仕事をしているような昼夜逆転生活では、成功のチャンスはつかめないでしょう。

朝からしっかり活動をすることができる朝型の人は、頭がすっきりしていて、冷静な判断が出来る午前中に、しっかり仕事をすることが出来ます。

そのおかげで、成功するチャンスにも恵まれるのです。

スポンサーリンク


3.何でもメモをする癖がある

ビジネスのアイディアは、いつどこに転がっているか分かりません。

起業をした後というのは、特にアイディアが大切になります。

自分のアイディアを忘れないようにすることや、アイディアから新しい発見をするためにも、いつでも何でもメモをするクセがある人のほうが、起業をしたあとに成功しやすい人と言われています。

例えば、街を歩いているときに不便だと思ったことをメモしてみたり、話題の商品をみたらそれをメモしてみたりすることが大切です。

そして、メモをすることで、頭の中を整理することができます。

頭の中で考えているだけでは、いつの間にか考えがぐちゃぐちゃになってしまうことも多いのです。

そこで、ノートなどに書き出してみることで、考えを整理することができます。

整理する中から、新しいアイディアが生まれることもあります。

成功するためには、なんでもメモする癖をつけることが大切です。

スポンサーリンク