起業のチャンスをつかむための5つの方法

0
514

4.誰よりも早い行動を心がける

起業して成功する人は、「誰よりも早い人」です。

ビジネスの世界には、「ファーストムーバー・トップシェア」という言葉があります。

スポンサーリンク



初めに動いた人が、そのジャンルのトップシェアを獲得できるという意味です。

誰よりも早く、最初に動くことは、ある意味ではとても大変なことです。

新しいジャンルを切り開くと言う意味でもあるので、その道の開拓者にならなければいけません。

既に他の人が開拓した道であれば、何の悩みも迷いもなく、その道を進んでいけばいいだけです。

ですが、その考え方ではより多くの報酬を貰うことはできません。

自分が開拓者になって、悩んで迷っていくことで、より多くの報酬を獲得することが出来るのです。

起業をするということは、自分が開拓者になるということです。

誰よりも早い行動をすることが、そのビジネスのチャンスをつかむことになるのです。

5.自分にしか出来ない分野を確立させる

例えば、人と接することが得意な人や、一人で黙々と作業をすることが得意な人ほど、人にはそれぞれ得意なことがあります。

その「自分が得意なこと」をより高めていくことが出来れば、ビジネスのチャンスが転がってくることもあるのです。

人にはそれぞれ、「自分にしか出来ないこと」があります。

他の人と同じことをしていても、他の人が出来ないことをしている人もいます。

自分にしか出来ない分野というのは、必ずあるのです。

その分野を見つけて、その分野を突き詰めていくことが出来れば、それは起業をするチャンスでもあるのです。

起業というのは、自分の得意な分野を突き詰めることでもあります。

その分野のプロと呼ばれるくらいになることができれば、その分野のビジネスをしていくことができます。

自分が得意な分野を見つけて、磨いていくことが出来る人こそ、ビジネスのチャンスをつかむことが出来る人なのです。

スポンサーリンク


起業のチャンスをつかむための5つの方法

1.「お金が欲しい」という気持ちを大切にする
2.時代の流れと好きなことをリンクさせる
3.「失敗しないように」と思わないようにする
4.誰よりも早い行動を心がける
5.自分にしか出来ない分野を確立させる

起業

起業するチャンスがないと思っている人は、単純に、そのチャンスを見逃しているだけなのかもしれません。

起業したいと思ったら、そのときがチャンスなのです。

起業をするというのは一大決心ですが、チャンスを逃してしまわないようにすることも大切です。