起業をするときに持っておきたい5つの力

0
148

起業をするということは、自分ひとりで全ての業務をしなければいけないということです。

ですから、営業職の人も、管理職だった人も、全部の仕事を経験していくことになります。

そこで、起業をするときには持っていたい力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


1.営業が出来なければ商品が売れない

まず、起業をして一番最初に必要になる力は、営業力です。

自分のビジネスを人にアピールすることができなければ、起業をしただけで、売上は上がりません。

自分のビジネスを売り込むためには、より魅力的な営業をしていくことが大切なのです。

例えば、商品を売る仕事であれば、その商品がどれだけ優れているのかということをアピールして、買ってもらう必要があります。

仕事を貰うためにも、営業をして、自分がどのように役立つのかをアピールしていく必要があります。

つまり、自分自身や自分の商品を的確に売り出すことが出来なければ、そのビジネスは頓挫してしまうのです。

起業をするということは、自分が営業マンになって、自分のビジネスを売り出すことと同じです。

もし営業が苦手な人であっても、商品に自信があるのであれば、その商品をしっかりアピールしましょう。

営業をしなければ、利益には繋がらないのです。

2.魅力的な商品を企画する力

企画力は、どんな場面でも大切な力になります。
例えば、同じ商品を売り出す他社があったとき、自分の商品を買ってもらいたいのであれば、どうしたらいいのか?と言うことを考えるのも、企画力のひとつなのです。

より魅力的な商品を、人は買い求めたいと思います。

お金の対価になるものは、それだけの価値がないといけないのです。

例えば、同じ商品を売っている2つの会社があって、アフターサービスがない会社と、アフターサービスがある会社なら、どちらの会社から商品を買いたいと思うでしょうか?

自分だったらどうするか、と言うことを基準にして考えていくのもひとつの手段です。

また、自分の抱えている顧客のニーズに答えていくことで、企画する力も身につくことがあります。

自分の顧客はこんなことを望んでいる、というのが分かれば「こんな商品が売れるかもしれない」と思うのです。

企画力のある人は、魅力的な商品を作ることが出来る人です。

スポンサーリンク


3.コミュニケーションをとることは必須

お客さんや、自分のビジネスを手伝ってくれている人と、コミュニケーションを取ることができない人は、起業に失敗してしまいやすい人です。

例えば、大きな会社であれば、お客さんと会話をするのは営業の人で、商品開発の人は直接話しをすることもないかもしれません。

自分の社内で会話をするときも、会議以外では違う部署の人と話をしないかもしれません。

ですが、起業をすると、自分ひとりで、営業もやって、商品開発もして、ということになります。

つまり、お客さんに売り込むのも自分で、お客さんのニーズに合わせて商品を作っていくのも自分なのです。

自分の他にビジネスを一緒にやる仲間がいたら、商品開発のときには意見のぶつかり合いがあるかもしれません。

そういうときにも、自分の考えをしっかり発言できるようになって、コミュニケーションをとることができないと、ビジネスを成功させることは難しいのです。

スポンサーリンク