起業してもビジネスが続かない人の5の特徴

0
114

お金がない生活を抜け出すために起業をしても、そのビジネスが成功しなければ意味がありません。

失敗してしまう人や、ビジネスが長続きしない人にはどんな特徴があるのでしょうか?

ビジネスを成功させたい人は、必見です。

スポンサーリンク


1.他人の真似をした目標しかない

今、テレビやインターネットでは、個人事業主や起業家の成功例がたくさんクローズアップされています。

それらの成功例を見ていると、どうしても「自分も成功できるのではないか」という錯覚をしてしまいます。

成功例というのは、とても簡単そうに見えてしまうのです。

ですから、自分も起業をすれば、その人たちと同じように成功できるのではないかと思ってしまいます。

すると、その人がやってきたプロセスをそのままそっくり真似をすればいいのだ、と思ってしまうのです。

ですが、その人がやってきたプロセスはその人のものであり、自分に当てはまるものではありません。

起業をして成功をするためには、自分なりのプロセスや成功するための道筋を見つけなければいけません。

他人のまねをしただけの目標では、自分が成功するために必要なものがなくなってしまうので注意しましょう。

2.経験のないビジネスを始める

ビジネスを始めるとき、どんなビジネスをやろうか考えると思います。

まったく自分が知らない分野に手をつけようとすれば、負けます。

自分が得意なこと、好きなことを仕事にしようと思えば、多少出遅れてもすぐに巻き返すことが出来るでしょう。

起業をするとき、これなら稼げるからという理由で、まったく知らない分野に手を付けていく人がいます。

稼げるのは、その分野に精通している人であって、まったく知らない人ではまったく稼げないという結果に終わってしまうのは目に見えています。

つまり、自分の知らない分野に手をつけるのは、たとえ必ず稼げるという触れ込みであっても得策ではないのです。

自分が得意な分野、自分が好きな分野で仕事をすることは、稼げるようになるためには必要なことです。

好きな分野や得意な分野では、多少出遅れていてもある程度は稼げるようになるでしょう。

スポンサーリンク


3.責任感がない

個人事業というのは、個人で仕事を請け負うものです。

つまり、会社と言う媒体が信頼されているわけではなく、個人そのものの信用が大切になる仕事です。

とはいえ、個人だからといって甘く見てくる会社もあれば、個人だからといって仕事を適当にやってしまう人もいます。

ですが、個人でも会社でも、仕事は仕事なのです。

仕事にはきちんと責任感を持って行うことが大切です。

それは、どんな仕事でも大切なことなのですが、個人になるとさらに責任感が増してきます。

例えば、納品の締め切りを破ってしまったりするような仕事をしていると、どうしても信用がなくなります。

信用がなくなれば仕事を貰うことはできません。

同じジャンルの仕事というのは横のつながりがあるので、評判が悪い人のところには仕事がこなくなってしまいます。

つまり、責任感がない人はビジネスを成功させることは出来ないのです。

スポンサーリンク