独立起業に向いている人の5特徴「自分しか持っていないスキル?」

0
452

お金持ちになりたい、という人の中で、今、起業をすることが増えてきています。

企業をすればお金がない生活を抜け出せると思いがちですが、実際には向いている人と向いていない人がいます。

起業に向いている人と言うのはどんな人なのでしょうか?

スポンサーリンク


1.自分にしかないスキルを持っている

まず、起業をするビジネスに必要なスキルは、「自分しか持っていないスキル」です。

ありふれたスキルでも構いません。

それが、自分にしか提供できないサービスに繋がるのであれば、自分しか持っていないスキルになるのです。

例えば、会社の経営コンサルタントを行っていた人が起業するとしたら、その経験を生かした経営アドバイザーなどになれるでしょう。

そこで、ターゲットを絞って、独立起業をしたばかりの人の支援をするか、起業しても成功していない人の支援をするか、ということで個性を発揮することが出来ます。

まだ誰もやっていない仕事というのは、見つけるのが難しいものです。

ですから、既存の仕事に自分のスキルをプラスして、どこにもないサービスを開発していくのです。

どんな仕事でも、自分にしかできないサービスはあります。

それを見つけることが出来る人こそ、起業に向いている人です。

2.メンタルが強い

起業をすると、思いがけないトラブルに出くわしたり、思うように稼げない日が続くこともあります。

今、成功している起業家の人も、そんな道を通ってきているのです。

簡単に稼げる仕事というのはありえません。

簡単に稼げる仕事がないのであれば、最初だけは苦しい思いをしても仕方ないと思うことです。

ここでメンタルが弱くなってしまえば、ビジネスを続けていくことも出来なくなってしまうでしょう。

メンタルを強く持つこと、自分を信じることと言うのは、ビジネスにおいてとても大切になってきます。

強い気持ちを持つことで、仕事を進めていくことができるからです。

「自分のビジネスは絶対に売れる」と思う気持ちが強くあれば、しっかりビジネスを勧めていくことができるのです。

起業をしても上手くいかないことばかりです。

でも、諦めないでしっかり頑張れば、結果はついてきてくれます。

スポンサーリンク


3.リスクにきちんと対応できる

ビジネスをはじめていくと、軌道に乗る前には色々なトラブルが待ち構えています。

軌道に乗ったとしても、トラブルは多いものです。

会社にいれば会社が解決してくれるものですが、自分で仕事をしているのであれば自分で解決しなければいけないのです。

そのトラブルにどのように対処できるか、素早い対処方法を知っているかどうか、というのは、ビジネスにとって大きなポイントになります。

ビジネスとトラブルというのは、いってみればリスクです。

リスクを抱えたまま仕事をしているのは、あまりいいことではありません。

なので、どのようにリスクに対して対処できるかというのは、その人の力でもあるのです。

例えば、想定できるリスクを想定して、どのように対処をするのかを先に考えておくのもいいでしょう。

そうすることで、いざというときに慌てないで対応していくことが出来ます。

スポンサーリンク