TwitterなどのSNSでお小遣いやお金を稼ぐための7ポイント

0
172

主婦やサラリーマンの副業に

モバイル端末も高性能化してTwitterやFacebookも活用度が上がり、今やSNSはなくてはならないものとなりました。

ビジネスにニュース情報確認に、暇なときのお供にと大活躍です。

お金がない人にもありがたい無料利用でもあります。このSNSをさらに120%活用してお金を稼いでいくのに必要なポイントを紹介します。

スポンサーリンク


SNSの種類を理解する

▽主なソーシャルネットワーキングサービス

  • Twitter
  • Facebook
  • mixi
  • Google+
  • TSU
  • GREE
  • LINE
  • ブログ

SNSは種類も豊富で使い方や仕様も異なります。

SNSでお金を稼いでいくためにはそれぞれ「何ができるか」「活用法が何か」を理解していく必要があります。

Twitterには「フォロワー」が大切です。フォロワーが少ないと誰にも見られず、いかなるつぶやきも無意味なものとなってしまいます。

Facebookではもちろん「いいね」してくれているユーザーが必要です。

そしてハッシュタグなどで多くの人から閲覧される工夫も必要なのです。

SNSもそれぞれ利用者が異なり、年齢層やターゲットも異なります。

ビジネス用途か、アフィリエイトなどで特定の対象者を絞り込んで活用したい場合でも利用するSNSに違いが出るでしょう。

お金を稼いでいくためには使い分けや工夫、アイデアも必要なのです。

規約など特徴をよく理解する

SNSも登場から数年が経ち、商業利用や迷惑行為に制限が付くようになりました。

自動ツールやスパム的な宣伝活動が規約違反になる場合があるのです。

規約違反になる基準はSNSごとに異なりますが、基本的にユーザーに対して迷惑行動を繰り返すことで「アカウント凍結」「退会処分」などのペナルティが下されます。

迷惑行為やスパム行為、公序良俗に反する行為の基準が明確ではなく、SNS利用する上での大きな障害となっています。

SNSといえども一般社会と同じで法律は適用されます。お金稼ぎに利用したくとも他のユーザーや法律に抵触する活動は認められていないのです。

スポンサーリンク


自分自身をアピール

お金がない人でも無料で利用できるのがSNS。

広告費やメディアでの露出がなくとも自己アピールできます。

昨今「ブランディング」と言う言葉が使われだしました。

自分を商品として宣伝しイメージを確立します。自分自身の価値を上げ、売り出してブランドとして地位向上を目指すのです。

こうしたブランディングとしてもSNSは優れた役割を果たします。

インターネットの情報伝達能力、情報伝播の速さと広がりを利用して自分自身の名声を上げるのです。

ただし、迷惑行為を繰り返すなどでマイナスのブランドイメージが植え付くこともあるため、活用には細心の注意が必要です。

人脈作りに利用

FacebookやLINE、SKYPEなどから交流が深まったという話はよく聞きます。

単にSNSでお金儲けするだけでなく、同じ趣味の人やビジネスで必要な人的交流にも役立ちます。

一度作成したアカウントは削除されない限りは残ります。

以前に関わった人たちとのポジティブな人間関係がその後の活動に活かされて行く事もあるでしょう。

同じ同好の人々との付き合いは自分の知識を広げ、自分の活動世界を広げてくれます。

スポンサーリンク