会社員が起業するまでの5ステップ

0
103

会社員をやっている人が、起業をしようと考えることが多くなってきました。

お金がない生活を抜け出すためには、より稼げるチャンスが多い独立が一番だと思うからです。

では、会社員が起業をするためにはどのようなステップを踏んだらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


1.起業する意思を強くする

まず、起業をしようと思ったときには、漠然とした気持ちではダメです。

強い意志をもって起業をしなければ、そのビジネスは失敗してしまうのです。

最近、インターネットやテレビで、個人事業主のことがクローズアップされることが多くなってきました。

さも簡単に稼げるようになって、楽な生活をしているように映ることもあります。

ですが、本当に簡単な仕事と言うのはなく、今成功している人も、苦労していた時間があるのです。

そんな時間を支えるのは、起業をしたいと思った強い気持ちです。

もっと稼ぎたいと思ったことでも、自分の好きな仕事をすることでも、なんでも良いのです。

強い思いがあることであれば、どんなに苦労をしても成功を夢見て頑張ることができます。

起業をするときには、どんな思いをしても成功しようとする強い思いが必要になり、とても大切なものなのです。

2.環境が整っているかを確認する

起業をするためには、それなりの環境を整えなければいけません。

例えば、家族がいるなら家族の同意は取れるのかどうか、ということです。

機材が必要なら、どこから調達しますか?

起業をするといっても、すぐに出来る仕事とそうでない仕事があります。

何の準備もなく始められる仕事であれば、まずは副業からはじめてみましょう。

でも、準備が必要な仕事であれば、両立しながら準備を進めることもできます。

いきなりビジネスをスタートさせてしまうのは、失敗の元です。

失敗しないためには、しっかり基盤を固めておく必要があります。

家族の同意をとることも、難しいかもしれません。

家族がいれば、安定した仕事が大切になるので、反対されることもあると思います。

そんななかであっても、しっかり基盤を作っていくことが出来れば、ビジネスのスタートもスムーズにいくでしょう。

スポンサーリンク


3.ビジネスプランを綿密に立てていく

起業をする前には、ビジネスプランを書くことが大切になります。

ライフプランにあわせてビジネスプランを立てていくことが、いちばんのポイントです。

例えば、ライフプランの中で旅行に行ったり、子供が生まれたり、と言うことがあると思います。

ライフプランを綿密に立てるのは難しいので、ざっくりでもいいので立てていきましょう。

そして、そのプランの中でお金がいくらかかるのか、というのを考えていきます。

すると、ビジネスの中でいくら稼げばいいのかが分かるはずです。

そうしたら、どのようにビジネスを展開していけばいいのかが分かると思います。

ビジネスの展開に必要なものを書き出したり、必要なスキルを把握することが出来ます。

ビジネスプランは、細かく立てておくことでしっかり達成できる目標になります。

そして、起業をスターとさせたら、ビジネスプランをたまに見直して修正していきましょう。

スポンサーリンク