「自営業なのにダラダラと残業をしてしまう!」自営業を上手くスタートさせる方法

0
29

自営業をスタートさせるときには、たくさんの不安が付きまといます。

お金がない状況になることもあるので、ある程度の覚悟が必要になってくるのです。

スムーズに自営業をスタートさせていくためには、どんなことが必要なのでしょうか?

スポンサーリンク


1.スケジュール管理を徹底する

まず、ビジネスをスタートさせていくにあたって一番大切なのは、スケジュール管理を徹底することです。

スケジュールというのは、ビジネスにおいては基本中の基本でしょう。

スケジュール管理ができていなければ、仕事を進めていくことは出来ません。

また、自営業なのにダラダラと残業をしてしまう結果にもなるのです。

自営業というのは自由度の高い仕事でもあります。

自分の好きなときに休んで、好きなときに仕事をすることが出来るからです。

とはいえ、自由に振舞っていれば、納期がある仕事が進まなかったり、納期に遅れてしまったりするものです。

また、支払い期日に遅れたりすることも、スケジュール管理が出来ていない証拠でしょう。

スケジュール管理をすることはとても大切なことです。

ビジネスを始めるときには、どんなスケジュールでこなしていくのかを考えましょう。

2.準備はしっかりしておく

事前準備がしっかりしているビジネスは、どんなときにも負けないビジネスになります。

起業をして仕事をしていくうえでは、色々な問題に突き当たったり、トラブルに見舞われることが多くなります。

それらの問題に自分ひとりで対処していかなければいけないので、事前に想定できるトラブルは想定しておいて、対処法を考えておく必要があるでしょう。

例えば、納品したのにお金が振り込まれないときの対処法だったり、納期に遅れてしまったときの対処法などを用意しておけば、いざというときに慌てないでもすむのです。

それが面倒であれば、事前に何かトラブルがあったときに表立って動いてくれるような専門家を見つけておくべきです。

事前準備というのは、隅から隅までやっておくに越したことはありません。

それが出来ているビジネスは、どんな困難でも乗り越えられるビジネスになります。

スポンサーリンク


3.確認を怠らない

確認をすることは、ビジネスの基本です。

確認を怠ってしまうと、どんなことでも途中で何かが抜けてしまいます。

例えば、自分は明日だと思っていた納期が、本当は今日だった場合はどうでしょうか?

商品は出来ていても、明日だから明日送れば良いやと思っていたとします。

すると、明日になれば取引先からお叱りの電話やメールがあって、慌てて納品して頭を下げる結果になってしまいますよね。

仕事を確実にこなしていくことはとても大切なことです。

ですが、それ以上に大切なことは、やはり確認をしていくことなのです。

先ほどの例で言えば、納期が書いてあるメールなどを確認すれば、その時点で商品を送ることができたでしょう。

納期が曖昧であれば、連絡をして聞くことも出来たかもしれません。

ビジネスにおいて、確認をすることというのは、仕事をしていく作業の中に必ず入れておくべきことなのです。

スポンサーリンク