主婦がパートをする5つの理由

0
198

現在は主婦でも働きやすい環境が増えていて、パートをしている人もたくさんいます。

本来であれば専業主婦でも良い人がパートをする理由とは、一体何なのでしょうか。

主婦がパートをする理由について、考えてみようと思います。

スポンサーリンク


1.家庭内の収入を増やすためにパートをする

主婦がパートをする大きな理由の1つに、家庭内の収入を増やすためというものがあります。

不況でボーナスカットや給料の削減がある中、消費税は上がってしまったり、生活にかかるお金はたくさん必要なのに、夫ひとりでは稼ぎきれないという現状があるようです。

主婦のパートというのは、意外にもたくさんの募集が出ています。

なので、家庭内の収入を増やしたいと思う主婦がパートを始めているのです。

夫の収入だけで生活が出来る場合であっても、貯金などをしていくうえでは、少しでも収入は多いほうがいいのです。

世帯年収と考えると、夫の収入だけの家庭より、主婦のパート収入がある家庭のほうが世帯年収は多いのです。

今の日本において、主婦がパートをして家計を助けるというのは、早々珍しいことではありません。

むしろ、専業主婦として悠々自適な生活を送れる人の方が珍しいのです。

主婦のパートには、少しでも家計の助けになりたい、家庭内の収入を増やしたいという思いがあるのかもしれません。

2.子どもにかかるお金のために主婦は働く

子どもができると、子どもにかかるお金のために主婦がパートを始めるケースもあります。

この場合に多いのは、結婚前に働いていた主婦が、子どもの手がある程度、離れた段階でパートとして仕事を再開するというパターンです。

子どもが小さいうちというのは、どうしても働きづらいという雰囲気が未だにあります。

急に子どもが体調を崩してしまったり、小さい子どもを預ける場所がなかったり、子どもがいる主婦が働く環境というのは、完全に整っているとはいえません。

ですが、小学生くらいまで子どもが大きくなれば、ある程度、親の手を離れて行動することができるようになってきます。

学校に行っている時間だけパートをするという主婦も増えているので、子どものためのお金を作る時間が増えるということになるのです。

将来的に子どもにかかるお金というのは、年々増えていくものだと考えてもいいでしょう。

それを夫の収入だけでまかなうのではなく、ある程度お金がかからないうちからコツコツと貯めていくために、主婦はパートをしているのです。

スポンサーリンク


3.自由に使えるお金を捻出するためにパートをする

主婦であっても、自分が自由に使えるお金を作るためにパートを始める人もいます。

夫の収入で十分に生活をしていけるけど、自分が働いた分は自分で使いたいという主婦もいるのです。

夫の収入というのは、生活費として使うことができます。

また、夫の収入から夫の分の小遣いを渡している人もいるでしょう。

ただ、自分の自由に使うことができる小遣いを、夫の収入から受け取るということに引け目を感じてしまう人もいるのです。

そういう主婦は自分でパートをして、月に3万円でもいいから自由に使えるお金を作ろうと思っているのです。

主婦であっても、化粧品や洋服代、友達との食事代など、交際費などはかかるものです。

主婦だから要らないだろう、ということではなく、主婦と言う立場であっても、ある程度身奇麗にしておきたい、自由に遊びたいという人は少なくありません。

ですが、そういったお金を出してもらうことに引け目を感じてしまうので、主婦がパートをして自分の自由なお金を捻出しているのです。

スポンサーリンク