竹田和平氏がお勧めする4冊の株の本

0
48

日本一の長期投資家と言われている竹田和平氏。

多くの本を出版されています。

そこで、今回は竹田和平氏のお勧めする本をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

しかし、なんといっても竹田和平氏は有名な投資家です。

そして、たくさんの本を執筆されています。

そのため、竹田和平氏の本の中からいくつかピックアップしてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.竹田和平氏の本を読む

まず、竹田和平氏の本を読もうと思っている方の殆どは個人投資家だと思っていませんか?

実は、そうではないのです。確かに、投資家の方で愛読しているという方も多いでしょう。

しかし、全く投資をしていないというファンの方もたくさんいらっしゃるのです。

例えば、現在の日本は自己啓発が一種のブームになってます。

自己啓発というと、宗教じみた内容をイメージする方もいらっしゃるでしょう。

過去には、実際に宗教への誘導として利用された事もありました。

また、どちらかというとビジネスマンが行うイメージが強かったですね。

しかし、現在は学生や主婦の方でも自己啓発に取り組む事が増えてきました。

たくさんの本がある中、竹田和平氏の本は非常にわかりやすいのです。

そのため、受け入れやすいという理由もあります。

また、特別な事を必要としません。

会長のキャッチフレーズといえば、「ありがとう」です。

何か特別な事をするとなると難しいものですが、感謝の気持ちを持つというのはそう難しい事ではありません。

更に、「ありがとう」と言うところから始めるとなると、もっと簡単ですよね。そのため、多くの方に受け入れられているのです。

スポンサーリンク


2.けっきょく、お金は幻です。を読む

まず、「けっきょく、お金は幻です。」についてご紹介させて頂きます。

日本有数の投資家である竹田和平氏が、お金に対してこんな事を言うのかと驚いた方も多いのではないでしょうか。

この本では、お金を貯める事よりも徳を積む事の方が大切だと説いています。

つまり、貯金よりも貯徳という事なのです。

これは、オビにも書かれています。

では、少し内容をご説明させて頂きます。

この本の中には、どうやって実践したら良いのかという事だけではなく、竹田和平氏ご自身の貴重な経験についても書かれています。

そのため、スムーズに内容を理解する事が出来るでしょう。段階を踏んでいく内容になっているので非常にわかりやすいのです。

そして、この本の中には名言となるフレーズが数多く織り込まれています。

例えば、お金は正直者だと言うのです。そして、心の器の広い人間にならないと、寄って来ないというのが竹田和平氏のご意見です。

また、ポイントとなるのは言葉選びのセンスです。これだけの地位にいらっしゃる方にもかかわらず、優しく丁寧な文体で綴られています。

そのため、非常に読みやすいですね。

竹田和平氏の本をこれから読みたいという方には、まずこの一冊をお勧め致します。

スポンサーリンク