英語を学び稼ぎを増やす5つの方法「世界を見据えて視野を広く持つ」

0
12

英語のレベルが高ければ高い程お金持ち。

そんな法則があるのはご存知ですか?これは更に年齢が上がれば上がるほど顕著に数字に表れるそうです。

では、何故英語力が重要なのでしょうか。

5つの理由をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.世界との関わりを持つ

まず一番の理由としてお金持ちは世界との関わりを持つ傾向にあります。

お金持ちというニュアンスですとやはり実業家のイメージが強いのですが、やはり大企業になると日本だけではなく海外との取引も増えていきます。

それだけではなく、近年では海外市場へ進出する企業も増えてきました。

海外で自分達の事をアピールする際にやはり語学力が問われる事になります。

もちろん通訳を付けている事が殆どですが、やはり大切な時には自分だけで話さなければならない事もあるでしょう。

私達も経験があるかと思いますが、他の国の方が大切な場で日本語を使ってくれると親近感を感じます。

こういった面も考えて必須ですね。

更に、自分では意識せずとも外国人と接する事によって自然にネイティブの英語力が身につくというケースも。

やはりお金持ちの方が一般の方よりも英語に触れる機会というのは必然的に多くなりますね。

2.キャリアを高める為に努力している

お金を得ている、それは自分の立場を常に考えて努力している証でもあります。

もちろん生まれた時から裕福な家庭で育ったという方もいらっしゃいますね。

しかし、自分の力で大金を手にする方というのは基本的に自分のキャリアを高くする事を常に考えているのです。

実際に資格の取得を考えたり語学力を高めたりと常に努力している人の方が出世する傾向にあります。

それだけ仕事のチャンスも増えるのですから当然ですね。

チャンスが増えれば出世しやすくなり、出世すれば収入が増えます。

収入が増えれば更に出来る事が増えていきます。

つまり、ビジネスキャリアにおいて自分の能力を高めるという事は良い階段への入口とも考える事が出来るのです。

そして、サラリーマンにとって近年最も必要とされているのは語学力。そう考えるとしっくり来ますね。

スポンサーリンク


3.狭い世界にとらわれない

更にお金持ちは狭い世界にとらわれないという理由もあるでしょう。

もちろん裕福だからこそ自国の良さを大切にしている方もいらっしゃいます。

しかし、自国を大切にしているからこそ他国の良さや悪い点を考慮するというのも大切な事です。

実際、裕福になって海外によく出かけるようになってから改めて日本の良さに気付いたという方も少なくはありません。

そして、やはり日本は島国です。

ガラパゴス症候群という言葉がありますが、古くから閉ざされた考えを持ってしまっている事が多いのです。

しかし、その一方で裕福な方というのは考えが非常に柔軟です。

前述の通り、外国のものであっても良いものであればしっかり吸収しているのです。

狭い世界にとらわれず、常に世界全体を見渡す目。そして、そこにはやはり語学力を伴う必要があるのです。

スポンサーリンク