初めてのアルバイトでお金を稼ぐ「責任感を身につける」

0
75

お金を稼ぐ

その行為は実際に就職してしまうと面倒に感じてしまったりするのですが、その前というのは凄く憧れる行為でもあります。

実際に中学生の頃、高校生になったらアルバイトをする、と決めていた方もいるのではないでしょうか。

そんなアルバイトですが、一般的な就活を参考にする必要というのはあまりありません。

高校生になって始める、そのまま結婚したため主婦になってから始めるという方もまずは心構えを覚えておきましょう。

スポンサーリンク


1.お金を稼ぐ事の責任を覚える

アルバイトでもお金がもらえる以上それは立派な仕事です。もちろん学生さんであればその本分というのは勉強でしょう。

しかし、仕事をしている時は違うのです。

「学生さんは勉強が本分だから」そう言って下さる経営者や上司に出会ったというのは非常に幸運な事です。

しかし、それは仕事に手を抜いても良いという事ではありません。あくまでシフト的な面だと考えてください。

逆に考えてみましょう。

仕事中にはちゃんと仕事を頑張り、それでいて勉強もしっかり頑張る学生さんと、勉強も頑張っているが仕事がおざなりになってしまっている学生さん。

どちらを採用したいかというと決まっていますね。

また、接客業であればお客様にとってはスタッフはみんな同じです。

失敗しても初めてのアルバイトだからと言い訳する事は出来ません。

ちゃんとそういった認識を持つ事が大切です。

2.積極的にアピールする

お金を稼ぐためにアルバイトをしよう。

そう思っても面接で落ちてしまうのではないかと心配になっている方もいらっしゃるかと思います。

そこで、面接を通過するコツをご紹介させて頂きます。

まず、本当に条件に合っているかという問題です。

実はアルバイトの不合格というのはこの理由である事が非常に高いのです。

通勤するのに時間がかかってしまったり、髪を染色していて店に合わなかったり。

こうした最低限の条件というのをしっかり満たしているかを考えましょう。

そして、何より必要なのは積極的な自己アピールです。といっても初めてなのですから何をアピールすれば良いかと言いますと、頑張りなのです。

最初からうまく立ち回れる子もいますが、基本的には誰でも声がけが出来なかったり戸惑ってしまうもの。

不透明な実際の能力よりも、どれだけやる気があるかで採用する事が多いのです。

スポンサーリンク


3.相手の立場に立って考える事はお金を稼ぐ際にも重要になる

お金を稼ぐという行為においても、相手の立場に立って考えるという事は非常に大切になります。

仕事をする際に、相手の希望を考えられるというのは必要な技術の1つなのです。

例えば、経営者の中には仕事ぶりに対してあまり強く言わない方もいます。

それは一緒に働く方にとっても同様です。

何かトラブルになってしまうのではないかとなかなか言い出せない場合もあります。

そういった事が積み重なって後々問題になってしまう事もあるのです。

そこで、常に相手はどう考えているのかを意識するようにしましょう。

アルバイトというのは頑張りすぎてもいけません。

自分だけが突出してしまえばそれがトラブルになってしまう場合もあります。

これは日本人の良くないところではあるのですが、常に周りの目を気にして仕事をしていかなければならないのです。

これは周りと連携を取って仕事をスムーズに行う為でもあります。

スポンサーリンク