2020年東京オリンピックに向けて飲食店が用意すべき5つのものとは?

0
131

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催でたくさんの外国人観光客の方が日本に来てくだされば、経済効果はもちろんの事ですがやはり嬉しいですね。

そこで飲食業界でも賑わっているのですが、もちろん準備も必要です。

そこで、何を用意しておくべきなのかご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.東京オリンピックに向けてメニューに写真を掲載する

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、まずはメニューに写真を掲載しましょう。

これは、逆の立場に立って考える必要があります。

例えば私達が言語のわからない海外に旅行に行って、レストランに入ったとします。

その時、そのメニューが理解出来ないのです。

そんな時に写真が掲載されていれば、少なくともどういったメニューなのか理解する事が出来ますね。

また、これは経営者の立場に立っても有益です。

例えば、ラーメンを「What?」と聞かれて、うまく答えられるでしょうか。

自分の知っている英単語をうまく繋げて説明しろと言われてもうまく説明出来ないですよね。

そこで、メニューに写真を掲載するという事は外国人観光客の事を考えた対策でもあり、もちろん自分たちにとっても有益なのです。

2.最低限英語メニューを取り入れる

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに出来れば英語メニューを用意しておきたいところです。

フランス語圏内の方もたくさん訪れるでしょうが、多くの方はある程度の英語を理解する事が出来ます。

そこで、英語メニューがあると便利ですね。

もちろん写真を掲載して、簡単な説明を添えるというのが大前提にはなります。

しかし、大掛かりなものは用意出来ないという場合でも心配はいりません。

その料理の特徴を単語で添えてあげるだけでも良いでしょう。

例えば、辛い麺料理であれば「辛い」「麺料理」とそのまま単語を追加するだけなのです。

辛い料理や、肉を使った料理というのは得意不得意はもちろん、宗教的な問題もあります。

そこで、こういった単語だけでも記載しておけば、選ぶ方としては非常に親切だと感じますよね。

スポンサーリンク


3.東京オリンピックまでにバリアフリー化を考える

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催までにやはりバリアフリー化について考える必要があるでしょう。

とはいっても、いきなりそんな工事が行えるわけではありませんので、出来る範囲で行う事が大切です。

例えば、入り口に段差はありませんか?そういった所にスロープを置くだけでも違います。

車いすの方でも入れるようになります。足が少し不自由だという方にとってはほんの少しの段差でも大きな障害になってしまいます。

そこで、出来る限り対応するようにしましょう。

パラリンピックが開催される都市なのに、飲食店がバリアフリーに対応していないというのはなんとも悲しいことです。

もちろん、いきなり対応する事は出来ないと利用客側も理解しています。

しかし、少しでも対応しておく事で気持ち良く利用して頂けるのではないでしょうか。

スポンサーリンク