2020年東京オリンピックに向けて飲食店が用意すべき5つのものとは?

0
162

4.東京オリンピックまでに豊富な調味料を用意する

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、出来れば豊富な調味料を用意しておきましょう。

もちろん、料理人の方にとっては自分の作った料理に対して調味料を使われてしまうというのは抵抗があるかもしれません。

しかし、外国人の方であればどうしても舌に合わない可能性だってあるのです。

例えば、日本の料理というのは和食ですね。

基本的に薄味で素材の味をうまく引き出した物が多いです。

しかし、隣国の韓国では唐辛子を大量に使い、辛い物がかなり多いというイメージがあるかと思います。

辛い物が苦手な方であれば抵抗があるかもしれません。

もちろん辛い物ばかりというわけではないのですが、それでも出された物を食べるとなると少しつらいですね。

このように、外国人の方と日本人であれば味覚が違うというのは当然です。

そこで、調味料を少し用意しておくだけでも、外国人の方にとっては便利ですね。

スポンサーリンク


5.外国人の方に苦手意識を持たないようにする

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、外国人の方への苦手意識を克服するというのも大切ですね。

例えば、普通に飲食店でアルバイトをしていて、いきなり英語で話しかけられたらどうなるでしょうか。

ある程度英語に慣れている方であれば対応出来るかもしれませんが、多くの場合は動揺してしまいますね。

しかし、東京オリンピック・パラリンピックではかなりの数の外国人観光客が訪れると予想されています。

会場近くともなると、いつもより外国人の方が倍増するかもしれません。

その際に笑顔で対応出来るようにしておきましょう。

例えば、外国人向けのガイドブックを用意しておく、電子辞書を用意して単語でやり取りをする。

こうした準備を整えておくだけでも気持ちというのはかなり違ってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


2020年東京オリンピックに向けて飲食店が用意すべき5つのものとは?

1.東京オリンピックに向けてメニューに写真を掲載する
2.最低限英語メニューを取り入れる
3.東京オリンピックまでにバリアフリー化を考える
4.東京オリンピックまでに豊富な調味料を用意する
5.外国人の方に苦手意識を持たないようにする

2020年東京オリンピック

東京オリンピック・パラリンピックは飲食店の方にとってはまさに稼ぎどきとなるでしょ。

しかし、それと同時に評価される時でもあります。近年ではグルメブロガーさんも増えていますので、良い対応をすればそれが口コミで広がる可能性だってあるのです。

さまざまな可能性を考えて、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに出来る限りの準備をしておきたいですね。