孫正義が尊敬する偉人坂本龍馬から学ぶ5つの生き方

0
2336

SoftBank(ソフトバンク)の創業者である孫正義氏が憧れているという坂本龍馬。

日本でも非常に有名人です。では、孫氏は彼のどのような所に憧れを抱いたのでしょうか。時代は違えど、私達の参考になるようなポイントがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク


1.孫正義氏は坂本龍馬を尊敬している

孫正義氏は高校生の時にまず一度アメリカの高校へ留学しています。これはあくまで短期間の語学留学でした。

そして、そのきっかけとなったのが「竜馬がゆく」という一冊の本だったのです。これは作家である司馬遼太郎の長編時代小説の1つ。彼にとっても代表作です。

そして、この時代の人物像というのは歴史小説から得られたイメージというのが強く、現代における竜馬像もこの竜馬がゆくが元になっている事が多いですね。

土佐藩を脱藩した後、黒船来航に直面します。

そして、その後勝海舟に師事し、軍艦を手に入れるために奔走しました。

この本の中の竜馬はまるで子どものような印象です。志が高く、非常に男らしい人物ではあるものの、性格もつかみどころがないのです。
そんな坂本龍馬が孫氏の人生を変えた一人といえるでしょう。

2.坂本龍馬は裕福な家庭で育った

孫正義氏が尊敬する坂本龍馬。彼は土佐藩で生まれました。

当時の土佐藩は上士と下士という身分制度が存在していたのです。下士は何かにつけて非常に抑圧された生活を送る必要がありました。

しかし、下士だったはずの坂本龍馬は非常に裕福な家庭で育ちます。

これは坂本家が才谷屋の分家だったからです。才谷屋は呉服商や酒造業、質屋を営んでいるいわゆる豪商の1つ。

そこから長男が藩から郷士御用人に召し出された事で坂本家を興す事になりました。

そして、この時に才谷屋から多額の財産を分与されているのです。

これは孫氏の少年期とも似ています。

孫氏は朝鮮人集落で生まれ、貧しい生活を送っていました。これこそは異なるのですが、孫氏もその後父親の事業が成功し、裕福な家庭で育つ事が出来たのです。

スポンサーリンク


3.孫正義氏の留学は坂本龍馬の影響を受けている

孫正義氏が語学留学に行ったのは竜馬がゆくに影響されたからだそうです。

そして、坂本龍馬自身もその後の生活において少年期に影響を受けた場所がありました。

それが父の後妻である千代の前夫の実家です。ここが下田屋といわれています。

この下田屋は当時土佐藩御船蔵があった種崎にありました。

竜馬は姉である乙女と共にこの下田屋を何度も訪れては珍しいみやげ話に耳を傾けていたそうです。

そして、ここには世界地図や多くの輸入品といった物が置いてありました。

竜馬が外の世界への憧れを抱いたのは、この下田屋が大きく影響していることでしょう。

坂本龍馬が外の世界に憧れたように、孫氏もまた外の世界に憧れたのではないでしょうか。

実際に孫氏はインタビューで、非常に努力して勉強をしてようやく朝鮮人集落を出れたと語っています。

スポンサーリンク