お金がない辛い貧乏生活を乗り切る7つの知恵

0
955

4.家庭菜園を作る

家庭菜園は、貧乏生活を乗り切る知恵でよく見かける方法でもあります。

プランターでもいいので、ミニトマトやもやしを作ったりすると、食費の足しになります。

スポンサーリンク



何か1つでも買わなくていいものを作ることで、その分食費を抑えることが出来ます。

ミニトマトやもやし、かいわれ大根などは比較的育てやすいものです。

水や米のとぎ汁などをあげておくことで、特別な肥料も必要なく育てることが出来ます。

簡単に育てられる野菜を自宅で育てて、貧乏生活を乗り切りましょう。

5.見切り品を利用する

見切り品の活用は、貧乏生活を乗り切る知恵でも大切なことです。

スーパーなどで、閉店の1時間前などになると「半額」「30パーセント引き」というシールが張られている食材がありますが、これを活用します。

肉や魚は、普通の値段で買うと高いものです。

少しでも節約したい貧乏生活の場合には、高いものを買うことは出来ません。

とはいえ、肉や魚も、健康維持のためには、全く摂らないわけにもいきません。

そこで見切り品を買うことによって、少しでも節約しながら肉や魚を買うことが出来るのです。

肉や魚は生ものなので、夜遅くになれば値引きをしているスーパーがほとんどです。

買ったものは冷凍庫に入れておけば1週間程度は長持ちするので、すぐに食べなければいけないわけでもありません。

見切り品を活用すれば、貧乏生活でも肉や魚を食べることもできますよね。

6.無駄遣いをしない知恵をつける

無駄遣いは貧乏生活の敵なので、無駄遣いしない知恵をつけるようにします。

外に出れば外食や行楽地など、誘惑が多いものです。

誘惑に負けて贅沢をしてしまえば、貧乏生活がもっと辛くなってしまいます。

そこで、無駄遣いをしない知恵を持っていることは大切になってきます。

無駄遣いは、必要ではないものを買ったり、お金がないのに無理して遊んだりすることで発生します。

お金がない、貧乏生活なら、それなりの遊び方や我慢を覚えるようにしましょう。

お金をかけなくても図書館で本を読んだりすることで気分転換が出来ます。

なるべくお金をかけないで過ごすことが、貧乏生活を乗り切る知恵なのです。

7.貧乏生活を貧乏生活だと思わないようにする

貧乏生活を貧乏生活だと思うと余計に辛いので、貧乏生活でも貧乏生活と思わないことも大切な知恵です。

貧乏生活のとき「どうしてこんなに…」と辛くなるときがあると思います。

それは仕方のないことですが、嘆いていても何も始まりません。

それなら「貧乏生活だけど健康だから良し!」と思う方が、貧乏生活が辛くなくなります。

辛い貧乏生活は大変ですが、だからこそ明るく過ごすことで、今後の活力になっていきます。

辛い貧乏生活だからこそ、貧乏生活だと思わずに「健康で楽しく過ごしているから良いんだ!」と思うことが大切なのです。

貧乏生活を乗り切る知恵は、実践的なものから心理的なものまであります。

特に実践的なものは、すぐにでも実行できるものです。

貧乏生活を乗り切る知恵を知れば、辛い貧乏生活も楽しくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク


お金がない辛い貧乏生活を乗り切る7つの知恵

1.100円ショップを活用する
2.外食はやめて自炊をする
3.リサイクルショップを利用する
4.家庭菜園を作る
5.見切り品を利用する
6.無駄遣いをしない知恵をつける
7.貧乏生活を貧乏生活だと思わないようにする