お金持ちになれる人の5つの法則「まずは運を味方につける!」

0
40

お金持ちになりたいと思う人は居ても、そのために具体的に行動をしている人は案外少ないものです。

本当は「お金持ちになりたいけど、お金持ちにはなれない」と思っているのかもしれません。

でも、全ての人にお金持ちになるチャンスはあります。

お金持ちになるための方法を紹介します。

スポンサーリンク


1.もっとお金を稼ぐ手段を見つける

まず、単純にお金持ちになりたいと思ったら、収入を増やす方法を考えることです。

お金持ちという基準は人それぞれです。

年収が1億円あったらお金持ちであると考える人もいれば、年収が1000万円でもお金持ちと考える人もいます。

お金持ちということに、明確な基準はないのです。

ですが、「今、お金持ちではない」と感じる人は、たくさんいます。

それはつまり、「今貰っている給料に満足していない」ということなのかもしれません。

そうなのであれば、お金持ちになるためには給料のアップを狙うことが、一番簡単な手段でもあります。

今の会社にいて、将来的に給料が上がって、お金持ちになれると思うのであればそれでもいいでしょう。

ですが、今の会社にいてお金持ちになれないと感じるのであれば、収入を増やすために、起業をしたり、お金を稼ぐ手段を増やしたりすることが大切なのです。

2.徹底的に節約をする

節約することは、お金持ちになるための第一歩でもあります。

お金が無いときというのは、誰でも節約をして、少しでもお金を大切に使おうとしています。

ですが、普段から節約を心がけている人と、そうで無い人は、同じ給料を貰っていても、お金の減り方が違っているのです。

普段は節約をしていないという人は、やはり、給料を貰ってもすぐになくなってしまいます。

給料を貰ってもすぐになくなってしまうということは、その分、お金を無駄に使っていると言うことなのです。

普段から節約をしている人は、お金がなくなってしまうこともないので、貯金もできたり、極端に切り詰めた生活を送らなくても済むでしょう。

普段から、コンビニよりもスーパーで買い物をしたり、お昼ご飯は外食ではなくお弁当にしたり、節約を心がけることによってお金持ちになることが出来るようになるのです。

スポンサーリンク


3.楽観的になって考えてみる

お金持ちの人ほど、楽観的に物事を考えているものです。

「何とかなる」

「なるようにしかならない」

一見すると、大雑把な感覚を持つ人が多いと思いますが、実は、楽観的な人のほうがお金持ちになりやすいのです。

楽観的な人は、ピンチになっても強いことがあります。

逆に、悲観的な人はピンチになると弱いのです。

例えば、お財布の中にあと1万円しかなく、2万円の支払いが1週間後に迫っていると言う状況は、ある意味でピンチかもしれません。

当然、今のままでは赤字なので、支払いをすることはできません。

何とかしてお金を増やすことが必要ですが、楽観的な人は「とりあえず、何とかなるだろう」と思ってお金を増やす方法に着手します。

悲観的な人ほど「払えなかったらどうしよう」と悩んでしまい、お金を増やす方法に手を付けられないのです。

お金持ちになりたかったら、まずは楽観的な人になりましょう。

スポンサーリンク