貧乏人は知らないお金持ちの7つの世界

0
133

お金持ちにはお金持ちならではの世界があります。

お金がない貧乏な人が、普通なら知ることはない世界です。

お金持ちならではの世界について、紹介しようと思います。

スポンサーリンク


1.実はエコノミーや自由席を選ぶ

お金持ちは、実はエコノミーや自由席を選ぶ人が多いのです。

お金持ちというのは、無駄なお金をかけたりはしません。

お金がないわけではないですが、エコノミーや自由席でも、移動手段としては十分だと考えています。

その分、ホテルをランクアップさせたりすることで、のんびりできる時間を快適にしようと思うのです。

のんびり旅行にいくことも、旅の醍醐味です。

必要なところにはきちんとお金をかけて、必要じゃないところは節約をする、ということが当たり前に出来ているのがお金持ちなのです。

2.良いものにだけにお金をかけることを知っている

お金がある人は、いいものにだけお金をかけることを知っています。

例えば、身の回りすべてを高級品でそろえたとしても、本当のお金持ちにはなれないでしょう。

本当のお金持ちというのは、いいものにだけ、お金をかけている人なのです。

睡眠が重要だと思えば良質な睡眠をとるためのベッドにお金をかける人もいます。

仕事でパソコンを使うなら、パソコンにだけお金をかけるひともいます。

このように、自分にとって必要なところにだけお金をかけることを知っている人がお金持ちなのです。

身の回り全てにお金をかけるのは、ただの浪費と同じです。

スポンサーリンク


3.健康に人一倍気を使っている

お金を持っている人は、健康に人一倍気を使っています。

お金持ちが集まりやすい場所に、スポーツジムがあります。

スポーツジムというのは、健康のために通うものですから、お金持ちはみんな健康に気を使っていると捉える事もできます。

なぜかというと、お金持ちは、自分にかかる医療費を抑えるために、健康に気を使っているからなのです。

医療費というのは、大きな金額になってしまいやすいものです。

その医療費を削る事ができれば、その分、自分で使えるお金が増えるのです。

そのためには、健康維持が欠かせないということを、お金持ちは知っています。

お金持ちは、自分の健康に気を使うことで、将来かかる医療費のことも考えているのです。

4.他のお金持ちとの交友がある

人よりお金がある人は、他のお金持ちの人と交遊があります。

お金持ち同士の交遊というのは、やはり大切なものです。

ビジネスパートナーになったり、自分達のお金の話を出来る人たちと交遊関係を作っておく事がとても大切だと思っているのです。

そのため、お金持ちは人と会うことにかかるお金に糸目はつけません。

自分でパーティーを開いたりして、自分から関係を広げていくのです。

その中で新しくビジネスが始まったりして、お金持ちはさらにお金持ちになっていきます。

お金持ちの交友関係というのは、そのままビジネスにも発展する関係なのです。

スポンサーリンク