若いうちに覚えたい7つのお金の使い方

0
28

若いうちにお金の使い方を覚えておく事は、メリットがたくさんあります。

そして、将来お金に困らないような生活をすることでもあるのです。

若いうちにお金の使い方を覚えて、将来の生活に役立てていきましょう。

スポンサーリンク


1.まずは貯金をする

お金の使い方を覚えるなら、まずは貯金をしましょう。

普段お金を使うときには、「収入」と「支出」のみで判断していませんか?

この2つだけだと、正しいお金の使い方とはいえないのです。

正しいお金の使い方とは「収入」を得て「支出」を削り「運用」をすることです。

お金を運用するためには、まず、貯金が必要になります。

毎日の生活の中で削れる支出を削り、貯金をするようにしましょう。

そして、貯金がある程度できたら、次は運用をすることを考える事が、お金の使い方を知る第一歩なのです。

2.お金の使い方の1番の方法は、資産運用をする

お金の使い方として一番実践して欲しいのは「資産運用」です。

資産運用をすれば、手元の貯金が増えていきます。

その結果、老後の安心に繋がったり、更なるお金稼ぎの方法を見つける事ができるのです。

資産運用には、色々な方法があります。

FXや株取引も資産運用の方法の1つですが、リスクが大きいという側面があります。

そこでオススメしたいのは、不動産投資です。

不動産を買って人に貸すことで、収入を得る方法ですが、立地条件などがよければ、一生涯の収入となります。

最初のうちは不動産収入がそのまま返済に当てられる事になりますが、不動産の返済が終われば自分の収入になります。

資産運用をすることは、お金の使い方として一番実践するべきことなのです。

スポンサーリンク


3.お金持ちに学ぶ

お金の使い方が分からないときには、お金持ちに学んでみましょう。

例えば、お金持ちは「収入」「支出」「貯金」「運用」の4つを行っています。

収入が多い人がお金持ちなのではなく、お金を正しく使えている人がお金持ちなのです。

そして、本当のお金持ちには、倹約家が多いのも特徴の1つです。

たくさんの収入があるからといってお金を使い続けるのではなく、本当に必要なものだけにお金をかけているのです。

お金の使い方を知りたいのであれば、お金持ちに学ぶ事が一番の近道なのかもしれません。

4.見栄のために使わないようにする

正しいお金の使い方を知る事は、若いうちに覚えておきたい事の1つです。

では、見栄のためにお金を使う事は正しいでしょうか?

例えば、まだまだ20代の若者が、1000万円もする外車に乗っていると、見栄を張っているだけと見られてしまいます。

その人にとって、「本当に必要なもの」にだけお金をかければいいのです。

「良く見られたい」という気持ちからの浪費は、正しいお金の使い方ではありません。

「本当に必要なもの」だけを買うことが、正しいお金の使い方なのです。

スポンサーリンク