若いうちに覚えたい7つのお金の使い方

0
992

5.収支をチェックする

お金の使い方を知るためには、まず、収支をチェックしましょう。

家計簿を付けることが、一番簡単な方法です。

毎月の給料と、固定費、食費などの雑費を細かく記録しておきます。

スポンサーリンク



その結果、無駄遣いをしていることがあるかもしれない、ということが発見できるかもしれません。

無駄遣いをしないためには、収支を把握しておく事が大切なのです。

家計簿を付けるのが面倒!という人には、レシートの写真を撮るだけで家計るアプリもあるので、使ってみるといいでしょう。

収支のチェックは、お金の使い方を知るための第一歩です。

6.何なくお金を使わないことである

お金の使い方として一番正しい方法は、何気なくお金を使わない事です。

何気なくお金を使うということは、無駄遣いと同じです。

「特に必要ないけど」という感覚で、買い物はしないようにしましょう。

例えば、夕飯の材料を買いに行ったとき「安かったから」お菓子を買った、というのは無駄遣いです。

本当にそれを買う事が無駄遣いではないのか、一度考えてから買うようにすると、無駄遣いは減っていきます。

何気なのではなく、必要なものにお金をかけることが、正しいお金の使い方なのです。

7.自分を高める事である

正しいお金の使い方は、自分を高める事に使うことです。

例えば、英会話に通うとか、新しいスキルを見につけるためにお金を使う事は正しい事です。

自分を高める事ができれば、それだけ仕事の幅も広がります。

そうすることで、新たな収入を得るができるのです。

お金の使い方すが、新たな収入のため、自分を高めるために使う事が正しい使い方なのです。

スポンサーリンク


若いうちに覚えたい7つのお金の使い方

1.まずは貯金をする
2.お金の使い方の1番の方法は、資産運用をする
3.お金持ちに学ぶ
4.見栄のために使わないようにする
5.収支をチェックする
6.何なくお金を使わないことである
7.自分を高める事である

お金の使い方

お金の使い方は、若いうちに覚えておくといいことばかりです。

特に資産運用は、若いうちに始めておけば、将来、お金に困る事がなくなります。

お金の使い方を知って、お金に困らない人生を作ってみてください。