お金がない人や貧乏な人に共通している5つの考え方

0
30

お金がない人や貧乏な人には、共通した考え方があると言われています。

その考え方をしているから、いつまで経ってもその状況から抜け出すことが出来ないのです。

では実際に、どんな考え方をしているのか、見ていきましょう。

スポンサーリンク


1.成功者は特別だと思ってしまう

まず、世界にはたくさんの億万長者がいて、その全ての人は「成功者」として考えられることがあります。

この「成功者」のことを、あなたは特別な人だと思うでしょうか?

例えば、アップル社を創業したスティーブ・ジョブズ氏やホンダの創業者である本田宗一郎氏などは、成功者であり、特別な人だと思うでしょうか?

成功するチャンスをつかめる人は、この人達を成功者だとは思っても、特別な人だとは思いません。

むしろ「一般の人であっても、成功するチャンスがつかめることを証明した人」であると考えるのです。

ですが、お金がない人は、この人たちのことを特別だと思ってしまい、「自分は特別じゃないから成功はできない」と思ってしまうのです。

これではいつまで経っても貧乏から脱出することは出来ません。

成功者が特別なのではなく、成功する人はチャンスをつかむ努力をした人ということを覚えておきましょう。

2.時間を売ってお金を得る

貧乏な人は時給で働いてしまいます。

時給計算の仕事というのは、今の日本の大半を締めているので、それだけしか働き口がないと思っている人もたくさんいます。

ですが、時給計算で働いていれば、1日で稼げる金額というのはほんのわずかなものになってしまいます。

つまり、上限があるということです。

ですが、時給に頼らず、自分のアイディアや自分で考えたことを売る仕事をしていたら、どうでしょうか?

そのアイディアやノウハウが売れれば売れただけ、1日の稼ぎになります。

この方法であれば、時間を気にせず、稼ぐ上限もないので、あっという間にお金持ちになることが出来るでしょう。

時給計算で働くというのは、稼げているようでいて、稼げない方法なのです。

貧乏な人は時給計算の仕事に頼りがちになってしまうこともありますが、自分のノウハウを売る仕事を考えてみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク


3.不摂生をしてしまう

健康でいることは、お金持ちになるために最も必要なことです。

健康でいることができれば、不必要な病院代や薬代がかかることもなく、病気で寝ている時間もないので、それだけ働くことが出来ます。

なぜか、お金がない人ほど、不摂生をしてしまうことがあります。

どうして不摂生をしてしまうのか、というのは分かりませんが、病気になるリスクが高かったり、病院に行ったり、仕事を休むことが多いのは、貧乏な人ばかりです。

例えば、不摂生が原因で1週間仕事を休むことになってしまったとしたら、その分の給料がなくなってしまいます。

そればかりか、病院に行って診察を受けて、薬を処方してもらって、というような余計な出費が必要になってしまうのです。

こういったことを避けるためにも、不摂生をせず、規則正しい生活を心がけましょう。

そうすることで、余計な出費を減らし、稼げるチャンスを増やすことが出来るのです。

スポンサーリンク