絶対子供に教えたい!お金についての正しい知識5選

0
435

4.お金を与えすぎない

親がお金を与えすぎてしまうと、子供は自分で稼ぐ能力がなくなったり、貯金をしようと思う気持ちがなくなってしまいます。

例えば、一人の子は貯金をして、お手伝いをしてお金を貰いながら、自分の欲しいもののためにコツコツ頑張っていたとしましょう。

スポンサーリンク



もう一人の子は、欲しいものがあれば親にねだってお金を貰い、何でも買えていたとします。

このふたり、社会に出たときにきちんとお金の管理ができるのは、どちらでしょうか?

言うまでもなく、最初の子のほうがしっかりお金の管理ができて、貯金もできて、お金に失敗しない生活を送ることができると思います。

親がお金を与えすぎてしまうと、努力をする機会がなくなってしまうのです。

お金を稼ぐ努力をすることができないまま大人になれば、やはりお金を稼ぐのは難しくなってしまいます。

小さい頃から、お金の管理をしっかりして、必要以上にお金を与えないことも大切なのです。

5.お金は「使うもの」という考えを持たせる

お金というのは、何のためにあるのかということは、誰も教えてくれません。

ある人は貯金をするため、と言います。

ある人は生活をしていくため、と言います。

実際にお金というのは、貯めておくためにあるものではなく、使うためにあるというのが正しいでしょう。

貧乏な人ほど、無駄遣いをせず貯金をしなさい、と言うかもしれません。

ですが貯金ばかりしていては、経済活動がされないので、どんどん景気が悪くなっていってしまいます。

そこで、お金を正しく使うことが出来れば、経済活動も出来て、収入が増えるきっかけになることもあるのです。

お金と言うのは貯めておくことも大切です。

でも、使うことももっと大切なのです。

お金を使うことは悪いことなのではなく、無駄遣いをすることが悪いことなのです。

お金を正しく使う方法を教えることが出来れば、無駄遣いもなくなります。

スポンサーリンク


絶対子供に教えたい!お金についての正しい知識5選

1.貯金の方法を教える
2.お金がなくなれば困るという感覚を持たせる
3.稼ぎ方をしっかり教える
4.お金を与えすぎない
5.お金は「使うもの」という考えを持たせる

お金についての正しい知識

早くお金の勉強をすることで、社会に出てからお金で失敗するリスクを少なくすることができます。

つまり、お金の勉強をしていない人ほど、お金で失敗しやすいということです。

お金についての正しい知識を持てるようになることが、大切なのです。