お金がない生活から抜け出す!ビジネス成功の5項目

0
215

せっかく起業をしたのに、いつまで経ってもお金がない生活から抜け出せない人がいます。

起業を成功させるためには、どうしたらいいのか、ということが分かっていないのです。

そこで、起業したビジネスを成功させるための考え方を紹介します。

スポンサーリンク


1.目の前の数字だけで判断しない

まず、起業をしてすぐと言うのは、どうしても売上が上がらない時期があります。

それはどんなビジネスも同じで、最初の1年程度は、生活できるほど稼げていないという人がほとんどです。

とはいえ、そこで諦めてしまっては、何の意味もなくなってしまいます。

起業をする目的は、成功することであったり、お金を稼ぐことです。

そこが最終的なゴールであれば、それに向かってとにかく前に進んでいくことが大切になります。

さて、最初の1年というのは、目の前の数字に左右されやすい時期でもあります。

「これだけしか売上がない」と考えてしまいやすいのです。

「これだけしか」と考えているのであれば、どうやったら売上が伸びるのかを考えてみましょう。

そして、色々な方法を試しながら、売上が上がるように必死で頑張ってみることが、起業を成功させるために必要なことなのです。

2.相反するものは両方取る

二兎追うものは一兎も得ず、ということわざがありますが、ビジネスの世界では、両方とることが一番望ましいとされています。

例えば、顧客の満足度と自社の利益というのは、なかなか同じ方向を向いてくれないものです。

顧客は安くていいものを手に入れようとします。

でも、会社としては利益を上げるために少し高いものを売りたいと思ってしまいます。

これはどう考えても、相反するものです。

ですが、顧客は少し高いものでも、本当にいいものであれば購入してくれます。

本当に良い商品であるならば、値段などは関係ないのです。

その商品が、本当に顧客の役に立つものであるかどうか、というのがポイントになってきます。

顧客の満足度のために価格を下げては利益が上がりません。

でも、自分達の利益のために価格を上げすぎても買ってもらえません。

どのあたりが両方のメリットになるのか、を見極めていきましょう。

スポンサーリンク


3.やると決めたら途中で投げ出さない

起業をするときには、やる気に燃えている人がほとんどです。

「よし、やってやるぞ!」と思っている人ばかりなので、最初はどんな人も成功を信じています。

ですが、2ヶ月、3ヶ月と経ってくると、どうしても資金繰りが苦しくなったり、売上が上がらない現実を見て、やめたくなってしまうこともあります。

そんなとき、投げ出さないで続けることが出来る人が、成功する人なのです。

成功したいと思うなら、続けていきましょう。

1年後に成功するチャンスが待っているかもしれません。

3年後、5年後かもしれません。

けど、続けていることは、必ず成就するもので、時間はかかっても、必ず成功することができます。

最初のやる気が継続していくのは難しいかもしれません。

でも、そのやる気を維持しながら、諦めないで頑張っていくことで、成功への道が開けていきます。

スポンサーリンク