チャンスに恵まれない!と考えている人もお金を呼び込むための方法

0
166

お金がないと思っている人は、もっとお金が欲しいと思っているはずです。

でも、なかなかお金を得るチャンスに恵まれないと考えている人も多いのではないでしょうか?

お金を呼び込むためには、どうやって考えていたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク


1.ポジティブに考えてみる

まず、お金を呼び込むためにいちばん必要なのは、自分自身がポジティブでいることです。

お金がない状況のときには、どうしてもネガティブになってしまいます。

「何をやってもうまくいかない」

「どうせ自分なんか、いつまでも貧乏だ」

「お金がない生活が続くんだ」

そう考えてしまう人も少なくありませんが、実はこのように考えていると、余計にお金を遠ざけてしまうのです。

たとえ良いチャンスが巡ってきたとしても、そのチャンスを見逃してしまったり、はたまた「どうせ成功しない」と思って諦めてしまうこともあります。

こんな風にチャンスを無駄にしてしまうのが、ネガティブな思考なのです。

ポジティブになるのは難しくても、「チャンスがきたら頑張ってみよう」と思うだけでもいいのです。

ネガティブな考え方をしているうちは、いつまで経ってもお金を引き寄せることはせきません。

2.思考を柔軟にする

思考を柔軟にしておくことは、固定概念に縛られないことでもあります。

思考回路が柔軟な人ほど、ルールにとらわれない稼ぎ方をすることができるようになるのです。

たしかに、お金を稼ぐ上で最低限守らなければいけないルールはあります。

ですが、ルールを守っているだけでは、最低限の金額しか稼ぐことは出来ないのです。

例えば、人を騙してお金を得るのはルール違反ですが、人に仕事を紹介して仲介料をもらうのは違法ではありません。

ルールと言うのは、ときに上手くつきあっていかなければいけないものなのです。

ルールに縛られていると、稼ぎ方に制約があって、なかなか上手く稼ぐことが出来なくなってしまいます。

ルールを上手く利用することは、思考が柔軟であることと同じなのです。

思考が柔軟であれば、それだけたくさんの金額を稼ぐチャンスにも恵まれるでしょう。

スポンサーリンク


3.自分の収支を見極める

お金がないときには、自分の収支をもう一度見直してみてください。

不要なものはないか、使っていないものにお金を払っていないかということをよく見直してみると、不要な支出があることに気付くこともあります。

家計簿をつけるのは面倒だと言う人は、スマートフォンのアプリでも構いません。

自分の使い勝手のいいものを選んで、自分の収支を細かくチェックしていくことが大切なのです。

そして、衝動買いをしないように心がけてみましょう。

何か欲しいものがあっても、1晩考えてみてください。

1晩たって、それでも欲しいものであれば買っても良いと思います。

でも、「あまり欲しいと思わなくなった」というものがほとんどのはずです。

衝動買いをしないようにするためには、欲しいものがあっても、その場で購入しないことです。

1晩時間を置いてから決めることで、衝動買いをしてしまうリスクを減らすことが出来ます。

スポンサーリンク