あなたの恋人は大丈夫?ギャンブル好きな人の7つの共通点

0
156

ギャンブルが好きな人には、色々な共通点があります。

ギャンブル好きな人というのは、お金がない人でもあるので、お金がない人の共通点ともいえるでしょう。
では、ギャンブル好きな人の共通点を紹介します。

スポンサーリンク


1.「勝ったときの快感」を忘れられない

ギャンブル好きな人は、「勝ったときの快感」を忘れられない人でもあります。

ギャンブルで勝ったとき、人の脳内では「快感」を感じるのです。

「こんなに少ない金額で、これだけのお金になった!」と感じるときは、快感を感じているときなのです。

その快感は、依存症のように付きまといます。

「また同じ快感を味わいたい」と思ってしまえば、またギャンブルに手を出してしまうのです。

その結果が、負けてしまったり、借金を作る原因になってしまうのです。

ギャンブル好きな人の共通点は、やはり「買ったときの快感が忘れられない人」なのでしょう。

2.賭け事が好きな人は、楽してお金を儲けたいと思う人である

賭け事が好きな人は、楽してお金を儲けたいと思う人でもあります。

ギャンブルとは、勝てばすぐに大金が手に入る方法です。

その分負けたときのリスクも高いのですが、楽にお金を稼げるというところにしか目がいかなくなってしまっています。

そのため、ギャンブル好きな人は、リスクを見ずに「楽に稼げる」と思ってしまうのです。

確かに、勝つ事ができれば、パチンコなら座っているだけ、競馬は観戦するだけでお金が手に入ります。

とても楽に稼いでいると思ってしまいますが、やはり、リスクを考えれば、大きな賭けになってしまうでしょう。

ギャンブル好きな人というのは、お金がないから楽してお金を儲けたいという人なのです。

スポンサーリンク


3.ストレスを溜め込みやすい

ストレスを溜め込みやすい人は、ギャンブルが好きな人です。

会社などでストレスを溜めていると、どうしても何かで発散させたいと思ってしまいます。

その方法がギャンブルだと言う人は、ギャンブルが好きな人なのです。

ギャンブルが嫌いな人であれば、他の方法でストレスを発散させるでしょう。

なぜかと言うと、ギャンブルでストレスを発散させたら、「負けたらさらにストレスになってしまう」からです。

負けたときのことを考えられれば、ギャンブルでストレス発散をしようと思わないと思います。

ギャンブル好きな人は、勝ったときの快感でストレスを発散させようとする人なのです。

4.ギャンブルをやめられないほど好きな人は、何らかの虚無感がある人である

賭け事が好きでギャンブルをやめられない人は、何らかの虚無感を持っています。

ギャンブルが好きな人で、特に女性に多いのは、「家事と育児で疲れてしまった」という虚無感を持っている人です。

ギャンブルをして勝てばそれが満足感になり、心の隙間を埋めてくれます。

そのときだけは満足していても、やはり本当に虚無感を消す事ができなくて、またギャンブルをしてしまうのです。

ギャンブルをすることで虚無感を隠している人は、お金がないときでもギャンブルをしてしまいます。

そして借金を作ってしまうのです。

虚無感を隠すためにギャンブルをしても、その虚無感は埋まる事はないのです。

スポンサーリンク