結婚する前に知っておきたい7つの金銭対策

0
526

5.結婚式で貯金を使い果たさないようにする

彼氏と結婚を考えているときにお金がなくなるのが怖いなら、結婚式で貯金を使い果たさないようにする事が大切です。

結婚式で貯金を使い果たしてしまったら、その後の生活はどうなってしまうでしょうか?

例えば、結婚したから新しいベッドを買いたい、となったときにも、すぐに買うことは出来ません。

何かと不自由な暮らしになってしまうのであれば、結婚式で貯金を使い果たすようなことは避けるべきなのです。

結婚式に掛かる費用は、貯金額の4分の3くらいにしておくことが無難でしょう。

そして、結婚後の生活にかかるお金を計算して、式を挙げたらお金がないという状況を作らないようにする事が肝心なのです。

スポンサーリンク


6.結婚式でも節約できるところは節約してお金を残しておく

結婚を考えたときにお金がない状況にならないためには、結婚式でも節約できるところは節約をするようにしましょう。

例えば、リングピローや招待状、ウェルカムボードなどは手作りする事もできます。

そういった小物を式場のプランで賄おうとすると、どうしても金額が高くなってしまうのです。

リングピローなどは自分で手作りをしたり、友人に頼んで作ってもらうようにすると、結婚式の費用を節約することができます。

ですが、結婚式費用で節約をしてはいけないところもあります。

それは、お客様に出す料理と、お返しです。

結婚式はお祝いをしてもらう立場になりますが、同時にお客様をもてなす立場でもあるのです。

お客様に関わる費用は節約せず、それ以外のところを節約することで、結婚式の費用を抑えることができて、お金がない状況を回避することができます。

7.計画的に貯金をしておく

結婚してもお金がない状況を変えたいなら、計画的に貯金をしておく事が大切です。

例えば、結婚資金としての貯金を2つに分けることです。

1つ目は、結婚式そのものにかかる費用のための貯金をします。

これは、誰でもしていることなので当たり前です。

もう1つは、結婚式後の生活のための貯金です。

結婚式後にしっかりと生活をしていけるだけの貯金をしておくことも、大切になるのです。

結婚をしてしまえば、今までのように親に甘えて過ごすわけには行きません。

なので、自分たちだけで生活をしていけるように、結婚後のお金もきちんと貯めておきましょう。

結婚刷るけどお金がない状態を回避するには、2つの用途で貯金をしておく事が大切なのです。

お金がないけど結婚できる、と思っている人は少なくないでしょう。

結婚式を挙げなくても結婚はできますが、その後の生活は成り立たなくなってしまいます。

結婚をするときには、お金がない状態ではなく、ある程度貯金がある状態で結婚をすることが大切なのかもしれません。

スポンサーリンク


まとめ

1.結婚資金を貯金する
2.ドレス代などの内訳を考える
3.資金内で結婚式が出来るか考える
4.結婚式後の生活に掛かる費用を考えて、お金を節約する
5.結婚式で貯金を使い果たさないようにする
6.結婚式でも節約できるところは節約してお金を残しておく
7.計画的に貯金をしておく