孫正義氏がシリコンバレーに自宅を購入!邸宅からわかる5つのポイント

0
161

孫正義氏といえば、やはり気になるのはその邸宅の内容ではないでしょうか?

日本でもトップクラスの実業家。韓国人の中でも、トップクラスでしょう。

そんな孫氏がシリコンバレーに購入した自宅は一体どのように豪華な家なのでしょうか。

スポンサーリンク


1.約108億円の豪邸を購入した

孫正義氏がシリコンバレーに購入した邸宅の値段は、なんと驚きの1億1750万ドル。

これは日本円に換算すると、約108億円という大豪邸です。

日本でも芸能人を始め、有名人の方が豪邸を購入すると、大きな話題になります。

やはり注目されている方々ですから、不動産の購入をすればそれが話題になります。

しかし、孫氏の場合はまさに桁外れの豪邸といっていいでしょう。

そもそも、家を購入するのに土地的な問題はあるものの、1億円も出せば非常に豪華な家を購入する事が出来ます。

地方であれば、更に豪邸になりますね。そこで、これは無駄遣いと考えるのかと言いますと、実は年収と比較すると安い買い物なのです。

孫氏は、年収と同程度の邸宅を購入しました。これだけの豪邸を1年間働いただけで購入出来るというのも凄いですよね。

2.邸宅を購入した土地はIT業界と関わりがある

孫正義氏が邸宅を購入したエリアというのは、実はIT業界で成功した方々が多く住んでいるエリアなのです。

ちなみに、アメリカではこのようにそれぞれの高級住宅街に特徴がある事も多いのです。

例えばハリウッドセレブが多く集まるエリアもあれば、作家が多く集まるエリアもあるのだとか。

同じセレブの中でも、落ち着いた年配の方が好むエリアがあれば、逆に若いセレブ達が集まり、毎日パーティーを開いているようなエリアもあります。

そんな中で、孫氏はIT業界の成功者が多く集まるエリアの家を購入したのです。

中には、これによって同じ業界の人脈が更に広がるのではといった見方も。

実際にIT業界では人脈も必要とします。

個々の能力が最も重要である事はもちろんですが、一定以上の能力を持った方々であれば、人脈の強さが仕事の成功を運ぶ事も。

今後孫氏の交友関係にも注目したいところです。

スポンサーリンク


3.著名な建築家がデザインした邸宅を購入した

孫正義氏がデザインした邸宅は、著名な建築家がデザインされたものだそうです。

ここで、どの建築家なのか気になるところではあるのですが、それは明らかにはされていないそうですね。

ちなみに、不動産関係者は守秘義務契約を結んでいます。

購入価格こそ公表されていないものの、匿名を条件にロサンゼルス・タイムズに情報を提供したのだとか。

この家は、元々サンフランシスコの投資会社を経営する社長が所有していました。

そして、それを孫氏が購入したかたちになります。やはりIT業界の方が多くいらっしゃるエリアということですね。

著名な建築家にデザインしてもらうというのは一種のステータスでもあります。彼らは非常に人気があるのですから。孫氏はそのエリアでのステータスを獲得したといっても過言ではないでしょう。

スポンサーリンク