竹田和平に学ぶ5つの株銘柄の買い方

0
173

竹田和平は、日本の起業家であり、投資家で、色々な銘柄の株を保有していることでも有名です。

そんな竹田和平を参考にすれば、株取引も上手くいくのではないか、と思っている人も多いと思います。

では、竹田和平がおすすめする株の買い方を紹介していきます。

スポンサーリンク


1.リスクを分散させて株銘柄を買う

竹田和平氏が株銘柄を買うときに気をつけていることは、リスクを分散させることです。

1つの銘柄ばかりを大量に買っていても、その会社が破綻してしまったりすることがあれば、その株式はただの紙くずになってしまいます。

そうなってしまえば、せっかく投資をしたお金もなくなってしまい、配当金ももらえなくなってしまいます。

投資にはリスクがあるので、それを理解していないと、こういった事態になってしまうのです。

ですから、竹田和平氏は、上手くリスクを分散させているのです。

竹田氏の持っている株というのは、100社以上にも上ります。

その中の1つがダメになってしまっても、他の株式で補える分というのは、たくさんあります。

なので、株式投資にはリスク分散が必要になるのです。

竹田氏は、製造業を中心に色々な株式を保有しています。

ですが、その中のどこか1つが倒産などをしてしまったときにも、あまり痛手を負わなくていいように、しっかり考えているのです。

竹田和平氏に学ぶ、株銘柄の買い方は、リスク分散をさせることです。

2.竹田和平氏に学ぶ株銘柄の買い方は、収益に対して割安であることである

竹田和平氏が株銘柄を選ぶときには、収益にたいして割安であることが条件になっています。

まず、株の収益率というのは、「会社の利益と株価の関係」を表していて、PERと表記されます。

株価収益率というのは、株価を1株あたりの税引き利益で割って求めることが出来ます。

つまり、会社の利益に対して、株価が何倍まで買われているのかということを示すものであって、この倍率が低いほど、株価は割安であると判断することができます。

企業保有している純資産に対して、株価が割安かどうかというのは、株を買う上でも大きなポイントになります。

株は割安であればあるほど、株主としては得をすることになります。

なので、株価収益率というのも、しっかりと把握をした上で、株を購入することが大切になります。

竹田和平氏が株銘柄を選ぶときには、株価収益率を重視して、購入しているのです。

スポンサーリンク


3.株価純資産倍率が1倍以下の株銘柄を選ぶ

竹田和平氏は株をたくさん保有していますが、その中でも共通していることと言えば、株価純資産倍率が1倍以下であることです。

株価純資産倍率(PBR)は、株価収益率と同じように、企業が持っている資産に対して、株価が割高か割安かという指標になります。

当然、割安であれば、株を購入する人にとっては嬉しいものです。

この株価純資産倍率というのは、株の底値を見るときに使います。

一般的には、株価純資産倍率が1倍以下の株というのは、流動性リスクが存在します。

流動性リスクというのは、市場株価で取引が成立しないこと、というものがあります。

しかし、長期的な投資であれば、リスクは軽減されて、許容されるものになるのです。

株式投資にはリスクがありますが、それを上手く回避しないと、万が一のときに損害をこうむってしまうのは自分自身なのです。

流動性リスクを回避するのには、長期投資と言う形を取ればいいのです。

竹田和平氏は、株銘柄を選ぶときに、長期的な投資をすることでリスクを軽減しているのです。

スポンサーリンク