お金の管理をするときに気をつけること

0
388

お金を管理するときに気をつけることは、たくさんあります。

若いうちからお金の管理を身につけておけば、将来お金に困る事がなくなります。

お金の管理はどのようにしたらいいのか、気をつけることを紹介します。

スポンサーリンク


1.家計簿を付ける

お金の管理を始めるなら、まずは家計簿を付けることから始めましょう。

家計簿は、100円で売っているようなものでも、普通のノートでも構いません。

その中で、収入と支出をきちんと書いておくことが大切です。

まず、給料をもらったら収入を書きます。

その後、光熱費などの固定費の支出を書き出しておきます。

固定費を払った後の残りが生活費になりますが、生活費として使った分も細かく記録をしておきましょう。

1ヵ月後に見直してみて、無駄遣いがないかチェックします。

まずは、家計簿を付けることからお金の管理をしていきましょう。

2.支出を減らす努力をする

支出を減らす努力も、お金の管理のうちの1つです。

支出を減らせば、それだけ貯金をすることができます。

お金の管理を始めた頃には、「支出を減らして残りを貯金」でも構いません。

支出を減らす方法はいくつかあります。

無駄遣いを減らす事や、固定費を減らす事でも、支出を減らす事ができます。

いきなり固定費を減らしてしまうのはハードルが高いので、普段の無駄遣いを減らす事から始めていきましょう。

無駄遣いを減らすことが、お金の管理の第1歩になります。

スポンサーリンク


3.貯金をすることは、最も大切なお金の管理である

貯金は、お金の管理の中でも最も大切なことです。

貯金をしておけば、万が一のときにも慌てずに行動することができます。

つまり普段から貯金をしておく事が大切なのです。

貯金をするときには、初めは「生活費の残りを貯金」で構いません。

できるだけ無駄遣いを減らして、その残りを貯金していきましょう。

貯金することに慣れてきたら、今度は「最初に貯金」をしてしまいましょう。

貯金をして、残った分で生活をするということを続けていけば、貯金は貯まり続けるし、節約ができる生活になります。

お金を貯めることは、最も大切なお金の管理なのです。

スポンサーリンク