今後の人生に役立つウォーレン・バフェットの名言7選

0
179

著名投資家ウォーレン・バフェットに学ぶ人生の教訓

投資では世界的に有名なバフェット。

投資家としてだけでなく人間性としても高い評価を受けている人物です。

彼の名言集は置くが深く、著名人にありがちな難解さを含んでいます。

そんな中から投資の世界だけでなく、普段の生活から人生の教訓になる言葉7つをご紹介します。

スポンサーリンク


ウォーレン・バフェットの名言その1

リッチになる方法を教えよう。

ルール1、絶対に金で損をしないこと。

ルール2、絶対にルール1を忘れないこと。

投資に限らず、人間は自分の資産を減らしていくことで人間関係や家庭関係も崩壊へと進みかねません。

そんなシンプルで奥の深い教訓をバフェットは教えてくれているようです。

ウォーレン・バフェットの名言その2

私が投資を始めたのは11歳の時。

それまでは人生を無駄にしていたというわけだ。近年幼児教育が盛んです。

学習を始めるのが早ければ早いほど習熟も速くなり、将来性豊かな才能溢れる大人への成長が期待できます。

英才教育からエリートコースへと進んでいく勝ち組は数多く存在します。

ただし、バフェット自身は生粋のエリートとは言えずむしろ反対の道を歩んでいる部分が興味深いものです。

ネブラスカ州オマハという地方都市出身者でありながら、商才は人一倍優れていたとも言います。

ビジネスの才能はこの頃から磨かれていったのでしょう。

ウォーレン・バフェットの名言その3

信頼を得るには20年かかる。

信頼を失うには5分とかからない。

一般的にも言われている通り、人間関係は壊れやすいものです。

ビジネスの世界で成功したバフェットの発言としては十分に含蓄があります。

企業や個人の信頼性が特に重要視される世界では一日の内に富も名声も人望も全て失ってしまうこともあるでしょう。

スポンサーリンク


ウォーレン・バフェットの名言その4

成長に大量の資本を必要とするビジネスと、
成長に資本を必要としないビジネスとでは天と地ほどの差が存在する。

今、コストと言う言葉が盛んに使われています。

企業の維持、発展に巨額の資本を必要とするには体力がいるのです。

人件費というコスト削減のために人員整理を行なうケースは後を絶ちません。

維持コストの少ないビジネスももてはやされています。EC(イーコマース)などはその内の一つで今後も成長していく見通し。

資本と言うのはつまり、一般人から見ても『かかるお金』のことになり人事ではないのです。

会社組織としても個人としてもお金がない事態は死活問題ですからコストは最重要の課題と言えます。

自分が独立起業したいと考えても、初期投資や維持コストなどを考えなければならず、頭に入れておきたい名言となるでしょう。

スポンサーリンク