資産運用の初心者がキャッシュフローゲームでお金について学ぶ5つの方法

0
33

初心者が資産運用について学ぶことができるキャッシュフローゲーム

たかがゲーム、と侮ってはいけません。むしろ現在では楽しく遊びながら学べる類のゲームが多数登場しているのです。

資産運用というと少し難しい印象があるのですが、ゲームとなると敷居もぐっと低くなりますよね。

それではご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.ロバートキヨサキ氏について理解する

まずは、キャッシュフローゲームといえばロバートキヨサキ氏について理解しておく必要があるでしょう。

ロバートキヨサキ氏は、金持ち父さん貧乏父さんの著者としても知られていますね。

一時期はテレビで特集される事もありましたし、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

実際にビジネスマンから高い評価を受けています。若い方に、今のうちに読んでおくべきだとおっしゃる方もいますね。確かに、若い内から資産運用の基礎を学ぶ事が出来ます。

彼は、アメリカの投資家で実業家でもあります。

金持ち父さんシリーズは全世界で累計2800万部に到達しており、世界的なベストセラーと言えますね。

ビジネス界からは47歳の時に引退しており、その後キャッシュフローゲームの開発に着手されました。

2.キャッシュフローゲームの基本を理解する

資産運用を学ぶために、まずはキャッシュフローゲームの基本を理解しましょう。

まず、プレイヤーの生活はラットレースから始まります。いわゆる、給料のために働いている方の事ですね。そこから働かなくても生活できるファーストトラックに移るのです。

働かなくても生活が出来るという事は、何らかの方法によって安定した収入を得ているという事ですね。

そこで、資産運用が登場しています。つまり、キャッシュフローゲームは資産運用を利用してお金持ちになるための生活をシミュレーションしたゲームと言えます。

最初にランダムで選ばれた職業によって難易度は若干異なるものの、どんなに低い給料であってもラットレースから抜け出す事が出来るのです。

現実的ですが、ある意味非常に夢のあるゲームですよね。

スポンサーリンク


3.遊びながら資産運用について学ぶ

次に、キャッシュフローゲームで遊びながら資産運用について自分でも調べて学んでいく事が大切です。

いきなり株式投資の情報を見ても、全く何もわからない状況では理解するのも一苦労ですね。

しかし、ゲームをしながらだとすんなり理解出来てしまうものです。仕組みを理解してからであれば各用語を覚えるのもぐんと楽になりますね。

まず、用語で検索してから仕組みについて理解するというのが基本的な流れではあるのですが、そもそも仕組みを体験していないのですからなかなか頭には入ってこないのです。

このように、キャッシュフローゲームにはさまざまな用語を簡単に理解できるというメリットも存在しています。

自分がゲームの中で行った資産運用は現実ではどのような方法なのか。

そう考えてみると調べたくなりますよね。

このように、簡単でわかりやすい形で投資への興味を高めてくれるのです。

スポンサーリンク