金欠でお金が欲しいと思ったときに参考にしたい7人のお金持ち

0
106

金欠でお金が欲しいと思ったとき、意外にもお金持ちの有名人が参考になるときがあります。

最初からお金持ちだった人もいますが、成り上がってお金持ちになった人もたくさんいるのです。

そういう人は、ビジネスチャンスをものにする力を持っています。

お金が欲しいと思ったときに参考にしてみると、思わぬところでお金持ちになれるかもしれません。

スポンサーリンク


1.大関綾を参考にお金持ちになる

大関綾さんは、実家が常に貧乏だったために、お金持ちになろうと起業をした人です。

中学3年生で神奈川ビジネスオーディションに出場したり、17歳の高校2年生で株式会社ノーブル・エイペックスを設立しました。

大関さんは会社を設立するとき、「何か特許を取れるものを作ろう」と考えて、自社製品を造りました。

特許というのは、ただ作るだけではなくその商品に対して独占権を得ることが出来る権利です。

なので他にその商品を使いたいという人がいれば、その商品や情報を売ることが出来るのです。

商品の収益と特許権での収益が、手元に入ってくることになります。

大関さんはそれを利用して、「より稼ぐ手段がある方法」で会社を設立しました。

大関さんを参考にするときには「より稼げる方法を探す」ということに注目してお金持ちになる方法を見つけることが出来ます。

2.秋元才加を参考にする

AKB48でも活躍した秋元才加さんは、実家が貧乏だったのでお金が欲しくてAKBに加入し、お金持ちになりました。

実家が貧乏だったことで、秋元さんは「自分が頑張ればお金持ちになれる」と信じてAKB48として活躍していきました。

卒業した今も、ドラマやモデルに活躍を続けています。

秋元さんがお金持ちになった原動力には、「貧乏は嫌だ!」という強い気持ちがありました。

幼少の頃から金欠で貧乏に悩んでいた秋元さんは、人一倍お金が欲しいという気持ちがあります。

その気持ちがあれば、辛いことでも乗り越えることができるのです。

秋元さんから学べるお金持ちになる方法は「お金が欲しい!と強く思うこと」です。

3.本田宗一郎から学ぶ

金欠でお金が欲しい!お金持ちになりたい!と思ったときには、本田宗一郎さんが参考になることもあります。

本田さんは晩年こそお金持ちでしたが、本田技研が有名になるまではたくさんの苦労をしていました。

従業員に給料が払えなくて土下座をした、というエピソードもあります。

それでも本田さんは「最後まで諦めずに」事業を成功させました。

お金持ちになりたいと思ったとしても、たいていの人は途中で諦めてしまうことが多いのです。

でも、諦めなかった本田さんは文字通り「成功者」になることができて、お金持ちになれました。

お金が欲しいと思ったり、お金持ちになりたいと思ったときには「失敗しても諦めないこと」が大切なのです。

スポンサーリンク


4.松下幸之助に学ぶ

松下幸之助さんは金欠で貧乏なときがあり、そこから頑張ってお金持ちになった人の1人です。

松下さんは貧乏で、学歴がなくて、病弱だったからこそ成功した人とも言われています。

松下さんの生まれ育った家は貧乏で金欠でした。

そして松下さん自身は病弱だったために満足に学校に通うことができませんでした。

普通、悪いことが3つも揃ってしまうと、そこで諦めてしまう人がたくさんいると思います。

でも松下さんは

「貧乏だからお金持ちになろうとした」

「学歴がないから自分で勉強した」

「病弱だから自分の代わりになる人を育てた」

という人物です。

ピンチはチャンスでもあります。

松下さんはピンチな状況でも、それをチャンスに変えるための方法を見つけることが出来ました。

金欠だからお金が欲しいと思ったとき「ピンチをチャンスに変える方法」を見つけられたら、お金持ちになれるのではないでしょうか。

スポンサーリンク