ビル・ゲイツの経歴の中で特筆すべき7つのポイント

0
34

アメリカンドリームを掴んだ男

世界的大富豪と言えば知らぬ人のいなビル・ゲイツ。成功を渇望する企業家の目標であり続ける存在です。

ビジネスマンというよりもアイデアマンとも思える彼のパーソナリティはどこからできたのか。

過去の経歴を振り返りながら7つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク


弁護士の父と教員の母を持っている

明るく気さくなイメージのあるビル・ゲイツには意外な両親と言えるでしょう。

日本での弁護士や教員と言えば堅い職業で笑顔もない印象がありますがアメリカの場合は方にはまったタイプの人間は少ないのかもしれません。

裕福な家庭に育ち、充実した教育を受けていることはエリートコースを進む十分な理由です。

お金がない人間のサクセスストーリーに憧れても、現実的にビル・ゲイツは十分な家柄と収入のある家庭で育まれたのです。

勉学に集中できず挫折経験を持っている

進路に悩むという普通の学生時代を送っていたゲイツ。父親と同じ法学の世界に入るべきか悩みぬいた過去を持っていたようです。

当時の写真でも見ると現代的な青年の印象が強く、法律の世界とは肌が合わないと感じていたのかもしれません。

コンピュータプログラムの分野を学んだり、小説を読み漁るなど迷走した時代を送っていました。

成功する企業家でも一度は挫折を経験すると言います。それが早ければ早いほどいいとも言い、ビル・ゲイツは未成年の頃に自分の未来について思い悩んだ時期があったようです。

Windowsの開発が成功した

ビル・ゲイツといえばMicrosoft。MS-DOSやマッキントッシュなどのOSが主流だった時代にゲイツはWindowsを開発しだします。

GUIという誰が見ても分かりやすく直感的なオペレーティングシステムは画期的で、その後のコンピューターを変えたとも言えるでしょう。

しかし初期の頃のWindowsは未完成で、日本でも爆発的人気で広まったWindows95もエラーやバグの多さが目立つOSでした。

その後改良を重ねて安定感と信頼性を確保し、現在の地位に至ると言うわけです。

一般人に普及しやすいOSではあったものの致命的欠陥も多く、今日の成功を収めるのも並大抵の苦労ではなかったのでしょう。

スポンサーリンク


独禁法に違反を問われた

抱き合わせや商法についての批判が絶えなかったMicrosoft。

訴訟を受けたものの幾度もの審議を経て和解に至りました。

ビジネスの世界で法に問われることは必然かもしれません。

その苦労を乗り越えてMicrosoftは事業を拡大してXboxにWINDOWSLIVEなど新しい分野も開拓しています。

独占禁止法に抵触したのか、法的論争に解決が見えたのかは疑問ですが現在でもトップシェアに君臨して地位を築き続けています。

スポンサーリンク