竹田和平の生い立ちから学ぶ!日本一の株式投資家になる4つのポイント

0
137

日本屈指の長期投資家である竹田和平氏の生い立ち

竹田和平氏は、本当に多くの方から注目されています。

投資の面でも、自己啓発の面でも実に多くの方を引きつけているのです。

そんな方は、どのような人生を送ってきたのか気になりますよね。

そこで、今回は時代背景等を含めて竹田和平氏の生い立ちについて色々とご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.1993年2月4日、愛知県名古屋市にて生まれる

竹田和平氏は、1933年に愛知県名古屋市にて生まれました。

同じ年に生まれた著名人ですと、漫画家の故藤子・F・不二雄先生や俳優の宍戸錠さん、オノ・ヨーコさん等がいらっしゃいます。

また、第125代天皇、平成の今上天皇陛下が誕生された年でもあります。つまり、竹田和平氏は同い年だという事ですね。

この年、フランクリン・ルーズベルト米大統領が第32代米大統領に就任しました。

フランクリン・ルーズベルトといえば、お馴染みのニューディール政策ですがこちらも1933年に始動しています。

そこで、もう忘れてしまったという方の為に、簡単にニューディール政策についてご説明致します。

この制作は、新規まき直し政策とも呼ばれています。1929年、世界恐慌が引き起こされました。

その世界恐慌を克服するために行われた一連の経済政策なのです。

ちなみに、この時日本では高橋是清によって一早く世界的な大恐慌を抜けだしています。

この政策と一致する所が多いため、日本人としては覚えておきたいポイントです。

このように、1929年から続いていた世界恐慌、日本は抜けだしたといってもまだまだ安定はしていません。

現在、日本の中でも屈指の長期投資家・竹田和平氏はこんな時代に誕生していたと考えるとなかなか興味深いものです。

ちなみに、竹田和平氏の誕生日は2月4日です。

では、この日には何があったかと言いますと、長野県教員赤化事件において、教員が思想問題によって多数検挙された日でもありました。

つまり、まだまだそういう時代だったという事です。今とは全く違っていますね。

大陸への侵攻も始まりかけていたそんな時代に、竹田和平氏は名古屋にあるお母様の実家で誕生したのです。

ちなみに、竹田和平氏を取り上げた産婆さんは、その後も6人の弟や妹を取り上げたそうです。

穏やかで、にこやかな面影を今も覚えているのだとか。

現在は、産婦人科で出産するという方が多いのですが当時はこのように産婆さんを呼んだり、出産に慣れている親族や近所の人間がやってくる事も多かったそうです。

そして、幼少期で注目したいのは、なんといってもご先祖様を敬っていたという点です。

竹田和平氏のお祖母様はご先祖様の命日になると、いわゆる精進料理を欠かさず作っていたそうです。

命日と言っても、当時は本当に子沢山な時代でした。そのため、1ヶ月に何回もそんな日がやってきます。

しかし、お祖母様は必ず精進料理を作っていたのだとか。

ご先祖様を敬い、大切にする心というのは幼少期からこのように育てられていたのでした。

また、お祖母様は何か縫う際にも南無阿弥陀仏と唱えていたそうです。

朝の読経も日課でしたし、これは家族全員の日課でした。

もちろん竹田和平氏ご自身も参加されていたそうで、4歳の時にはすでに参加していた記憶があるそうです。

このような家で誕生した事が、今の会長の「ありがとう」というキーワードに繋がっているのですね。

ちなみに、当時竹田和平氏は13名という大家族で暮らしていました。なんと9人もおじおばがいたというのですから、今ではなかなかピンと来ないですね。

しかし、この家族の中で当時子どもは竹田和平氏だけだったそうです。

また、竹田和平氏は生まれてから40日後にはお祖父様が亡くなられています。

元々は農業をしていたそうですが、大正の終わり頃からは菓子業に転じていたそうです。

そこで、家の借金を返す為にと家族はよく働いていたそうで、その意識も一致していたのだとか。

つまり、家族が一丸となって働いていた事がよくわかります。

そして、妹さんもすぐに誕生したそうです。

そのため、竹田和平氏が一緒に眠るのはもっぱらお祖母様。

スポンサーリンク



ご先祖様の命日に精進料理を作り続けていた優しい心のお祖母様です。

お祖母様は字が読めませんでした。

しかし、逆にお話がとっても上手で聞き上手でもあり、語り上手でもあったそうです。

そのため、毎晩お祖母様の話を聞いて眠るのが恒例だったのだとか。

ちなみに、近くを走る汽車を見るのが大好きだった竹田和平氏の為にお弁当を作り、一緒に汽車に乗ってくれたそうです。

といっても、次の駅ですぐ降りてまた汽車に乗って家に帰る、という道程です。

しかし、当時の竹田和平氏としてはとても嬉しかったのではないでしょうか。

このような優しさが非常に印象に残ります。

また、幼少期の最大の楽しみというのはお祭りだったそうです。

確かに、今の時代は娯楽に溢れています。

中には、小型のゲーム機を持ちながらお祭りを歩くなんていう子どもを見かける事も増えてきました。

しかし、この時代子ども達の娯楽は少ないものでした。

お祭りになると、近くの旦那さんの家が必要な物を全て揃えてくれます。

はちまきやハッピももちろん、獅子の祭壇からお菓子まで。

そうして、神社にお参りしたり、他の獅子と会う事があります。

この時、竹田和平氏はこの耳取り合戦を見て非常に興奮したそうです。

これは、怖さによる興奮なのだとか。しかし、旦那を生きたいという想った原点というのは、このお祭りにあったのだと会長は語っています。

このように、竹田和平氏は今の子ども達とは全く異なる時代に誕生しました。

生まれてからすぐにお祖父様が亡くなってしまい、優しいお祖母様や多くの大人達と過ごしました。

そして、そうしているうちに次々に妹や弟が誕生します。

ご先祖様を敬い、毎朝読経をする家が竹田和平氏のルーツを辿る上で非常に大切なものなのです。

スポンサーリンク