ソフトバンクの創業者!孫正義氏のようなリーダーになる5つの方法

0
142

孫正義氏が創業したSoftBank(ソフトバンク)。

今や日本を代表する大企業の1つになりました。

そこで、ソフトバンクに関して代表的な情報を5つの観点からまとめてご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.孫正義氏の略歴からを行動力を学ぶ

まずは孫正義氏の略歴を簡単にご説明させて頂きます。

孫氏は佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で誕生しました。

豚や羊と共に暮らし、生活も貧しく、不衛生な環境で育ったそうです。

そして、この時に父親が密造酒を製造していた事をインタビューで語っています。

現在、父親は韓国で暮らしていますが、彼がこの密造酒の製造販売や消費者金融、パチンコ店の経営で大成功した事から一気に家庭も裕福になりました。

高校生時代には短期間の語学留学を行い、その後アメリカの高校に編入。

大学の検定にも無事合格し、在学時に自動翻訳機の開発に成功。それで手にした資金を元にソフトウェア開発会社を立ち上げました。

その後はソフトバンクの前身となる会社を立ち上げ、紆余曲折を経て今に至ります。若い頃から非常に積極的に行動していた事が良くわかりますね。

2.SoftBank(ソフトバンク)の経営理念を知る

孫正義氏が率いるSoftBank(ソフトバンク)ではどのような経営理念を掲げているのでしょうか。

ソフトバンクグループでは、創業以来一貫して推進している事があります。

それが、情報革命という自分達の専門分野を通じて、人類や社会への貢献を推進していくという事。

では、人々の幸せとは一体どのような事でしょうか。

これは人によって答えが分かれるでしょう。

しかし、SoftBankでは感動する事と幸せを感じるという事は同義だと考えています。

このように、人に幸せや感動を与えるという事。それを情報革命を通じて行う。それこそがソフトバンクグループの経営理念なのです。

今後はコンピュータの発展も凄まじいスピードで展開されていくでしょう。

そんな中、まさに情報革命が起こります。その大きなパワーを人々のために発展させていくこと。それを原動力にしているのです。

スポンサーリンク


3.孫正義氏は情報革命の志を胸にしている

孫正義氏は情報革命という言葉をよく掲げています。自分が子どもの頃と比べてコンピュータはどう変わったでしょうか。

まだ携帯電話すら珍しかった時代から、もはや当たり前の時代になりました。

日本の携帯電話業界は非常に進んでいますので、世界でも最先端の技術を当たり前のように使う事が出来るのです。

そして、今後は更に情報革命が進むと考えられているのです。

SoftBank(ソフトバンク)ではイー・アクセスとの経営統合が行われました。

そして、アメリカ第3位の携帯電話通信事業者であるスプリント・ネクステルの戦略的買収。

これによりソフトバンクグループの売上は、モバイル事業の中では第3位へと躍り出る事となりました。

さまざまなインターネットに関する事業など、常に最先端を走るソフトバンクグループが世界的市場へ挑戦する。

これは、情報革命を更に人々の幸せのために発展させるという意味では非常に重要な足がかりとなる事でしょう。

スポンサーリンク