2020年東京オリンピック開催で得られると予想される4つの経済効果

0
144

2020年東京オリンピックの招致が決定しました。

招致の際に、尽力してくださった皆様に、一日本人として再度お礼を言わせてください。

さて、招致が決定したという事で、気になるのはやはりその経済効果です。一体、どのような経済効果が見られるのでしょうか。

そして、その経済効果は実際に私達の生活に何か影響をもたらすのでしょうか。

今回は、2020年東京オリンピックに関する経済効果について色々とご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.東京オリンピック開催による直接的な収入が得られる

まず、大会を開催する事によって直接的な収入を得る事が出来ます。

ここで考えなければならないのは、もちろん準備段階でも多額の税金を投入する必要があるという事です。

しかし、東京の場合は他都市と比べて圧倒的に既存の施設が多く存在しています。

そのため、多額の税金によって新しい施設を建設する必要性というのが少ないのです。

そこで、単純に計算をすると、黒字が出やすいという事が今の段階でもわかります。

基本的に、オリンピックで得られる収入の内訳は、テレビの放映権・スポンサーによる収入・入場料による収入・記念グッズ等の販売による利益となっています。

東京オリンピックの場合も、こういった収入が見込めます。直接的な収入だけでも、これだけの要因が揃っているのです。他の面を考えても、大きな利益を出す事はそこまで難しい事では無いでしょう。

実際にオリンピックを開催する事になると、道路や施設の設備等に税金を投入する必要がある為、資金力が非常に重要です。

そのため、過去オリンピックの開催場所となった都市の一部では、そういった整備にかなりのお金を取られてしまいました。

しかし、東京オリンピックでは既存の施設が多いのですから、収入には期待出来るのではないでしょうか。

スポンサーリンク


2.目には見えない経済効果も得られる

実際に、経済効果といっても数字のように目に見える効果だけではありません。

例えば、東京オリンピックが開催される事によって、その他の事例に対しての宣伝費を削減する事が出来るのです。

東京は、世界的に見ても非常に注目されている都市です。

そして、そこでオリンピックが開催されるとなると、その注目は更に高まります。そこで、宣伝効果が高まるという経済効果も生まれるのです。

しかし、こういった効果についてはなかなか目では判断出来ません。

しかし、優れた経営者の多くは、宣伝に繋げる事を既に考えているのです。

目に見える数字だけを信用してしまうと、大きなチャンスを逃してしまう事になってしまいます。

そのため、しばらくはその動向に気を配る必要があるでしょう。

また、具体的な例を出すと、クールジャパン戦略においても良い宣伝の場になります。

名前こそ東京オリンピックではあるものの、外国人にとっては日本で行うオリンピックという認識が強いのです。

そのため、日本が今後海外に発信していきたい情報においても、格好の宣伝の場となることでしょう。

スポンサーリンク