大株主竹田和平を知る5つの経歴

0
218

竹田和平氏といえば、「和製ウォーレンバフェット」の異名を持つ個人投資家です。

上場企業100社以上の大株主になっていて、日本一の個人投資家として知られています。

お金がない方へのお役立ち情報として、そんな竹田和平氏について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


1.竹田製菓の代表取締役である

竹田和平氏は個人投資家として有名ですが、竹田製菓株式会社の代表取締役でもあります。

竹田製菓といえば「タケダのボーロ」などがあります。

1933年に愛知県名古屋市に生まれた竹田氏は、1952年に竹田製菓株式会社を設立します。

竹田氏の実家は名古屋で菓子業を営んでいて、少年時代には農業などを体験していました。

竹田製菓を設立してからは「タケダのボーロ」や「麦ふぁ~」などを発表し、全国的に有名な製菓メーカーとなりました。

また、竹田氏は愛知県犬山市にお菓子のテーマパーク「お菓子の城」を開設しています。

竹田製菓もお菓子の城も、竹田氏が理念としている「ありがとう」がテーマになっています。

竹田製菓には販促にも利用することが出来る「ありがとうボーロ」も売られていて、お菓子の城でも購入することができます。

竹田和平氏は、個人投資家としての一面が有名ですが、竹田製菓の代表としての一面もあるのです。

2.日本のバフェットと呼ばれる大株主でもある

竹田製菓の代表取締役である竹田和平氏は、代表取締役よりは、和製バフェットと呼ばれるくらいの大株主でもあります。

竹田氏は上場企業100以上の株主であり、トレーダーの資産ランキングでは1位に輝くなど、投資家としての一面がクローズアップされることが多いのです。

竹田氏が保有している株の時価総額は100億円以上とも言われていて、まさに投資の神様であるウォーレン・バフェットの日本版といった人物です。

竹田氏が投資をし始めたときには、大企業の株ばかりを購入していました。

ですが、株を保有していた大企業が倒産してしまい、竹田氏が持っていた株券はすべて紙くずとなってしまいます。

そうした中で竹田氏は、徐々に大企業の株から、小さい会社の株を購入するようになりました。

竹田氏が持っている中小企業の株価は上がり、竹田氏は一躍、大投資家となりました。

竹田和平氏が投資で得た配当金を利用して建てられたのが「お菓子の城」であり、利益を会社などに還元しているといいます。

スポンサーリンク


3.投資手法には3つの鉄則がある

竹田和平氏の投資手法を真似するためには、3つの鉄則を知っておくことが大切になります。

「情報源は会社四季報で、PER、PBRなどを見て割安株を探す」

「大企業よりも成長企業に分散投資をする」

「大株主に個人投資家の名前がある会社を選ぶ」

この3つの鉄則を元に、竹田氏は投資を行っているのです。

竹田氏は以前、大企業の株に投資を行い、その企業が倒産してしまったことで、大きな損失を抱えることになりました。

それから竹田氏は大企業の株を買うよりも、成長が見込める企業の株を購入することにシフトしていったのです。

投資というのはリスク分散をすることが望ましいとされています。

竹田氏のように、小さな企業に分散投資をしていくことは、投資のリスクを分散させることにもつながっているのです。

株式投資と聞くと、どうしても大企業への投資に価値があると思われてしまいます。

ですが、竹田和平氏のような投資手法は、安全で、損の少ない投資であるということができるでしょう。

スポンサーリンク