孫正義氏がTwitterでつぶやいた心に響く5つの名言

0
140

孫正義氏がTwitter(ツイッター)でつぶやいた名言の中から5つをご紹介させて頂きます。

ツイッターは皆さんがご存知の通り、つぶやける文字数が140文字に制限されています。

短い文字数だからこそよりつぶやいた方の気持ちがわかるという事もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク


1.孫正義氏はほら吹きと嘘つきについてつぶやいた

孫正義氏の名言の中に、「ほら吹きと嘘つきは、似て非なるものである。

常人では信じられない程の夢や志を語り、万が一達成出来ない時それは、ほら吹き。しかし、そこには夢や志がある。明るい願望がある。

現実を見れない阿呆かもしれないが、前進の可能性がある」というものがあります。

これは、嘘というキーワードに対して孫氏独特の見解を見せています。

例えば、今現在非常に達成が困難な夢を持っているという方もいらっしゃるかと思います。しかし、そこには夢や志といった明るい感情があります。

確かに現実をしっかり見なければその夢を叶える事というのは難しいです。

現実があってこその夢ですから。しかし。どんなに大きな夢だったとしても、その人の気持ち次第で前進していく可能性があるのです。

今現在大きな夢に向かって頑張っているという方の心には非常に響く言葉ではないでしょうか。

2.悲しい涙を受け入れる

次にご紹介したい孫正義氏の名言は、「どうしようもなく哀しい時は泣くしかないですよね。

そんな時は泣きましょう。思いっきり泣いて泣き濡れましょう。泣き疲れたら新しい人生を生き抜きましょう」というもの。

皆さんはどんな時に涙を流しますか?

喜びや感動の涙はもちろんですが、悲しい時に涙を流すのではないでしょうか。

例えば、恋人と別れてしまって涙を流したという経験をお持ちの方も多いかと思います。

そんな時、大切なのは実は受け入れる事なのだそうです。あまりに辛くて、今までの事を忘れたいと思う方もいるでしょう。

しかし、忘れたいと思い続けていればずっと忘れる事が出来ません。

それよりも、今までの二人の事を認めてあげる事で気持ちが落ち着くのだそうです。

悲しい時に涙を抑える必要はありません。悲しければ涙が出るのは当然の事なのですから。

そして、泣くのに疲れてから次の事を考えても遅くはありませんよね。

スポンサーリンク


3.孫正義氏は評論家をあまり高く評価しない

次にご紹介したい孫正義氏の名言は、『私は、上から目線の評論家をあまり高く評価しない。

何故なら、彼等は高邁な理屈を唱える割に何等行動を起こさないから。 「言うは易く、行うは難し。」 そんなに偉そうに言うならやってみろと言いたい。

私は突き進む。ボロボロになっても』というものです。

孫正義氏は世界的な有名人です。

そこで、さまざまな評論家から評価される立場にあります。良く評価する方もいれば悪く評価する方もいますし、本当に分かれていますよね。

しかし、本当に大切なのは行動する事の難しさを知る事です。

例えば、1つの作品を作り上げてそれが悪く評価されたとしても、その過程はどうなるのでしょうか。

何十年もかけて丹精込めて作り上げた過程というのは評価されないのです。

ちなみに、私達も普段の人間関係で評論家のような方に出会う事がありませんか?

そんな時は、孫氏と同じような意見を抱く事でしょう。

もちろんその時は自分の意思に従って突き進んでも良いのです。決めるのは自分ですね。

スポンサーリンク