財政不安の無い2020年東京オリンピックを目指す5つの要点とは?

0
251

4.開催までの期間を最大限利用する

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでの期間を最大限利用する事が大切です。

まず、再度ロンドンオリンピックを例にします。確かにオリンピック時期には一時的に観光客は落ち込んでしまったのですが、実は開催決定から当日までというのはずっと上がり調子に増えていたのです。

やはり、オリンピック開催都市となると注目も集まります。そして、ロンドンオリンピックの時のように混雑を避けるため、早めに訪れる観光客の方もいるという事に注目したいですね。

そこで、オリンピックだけに焦点を絞るのではなく、既に準備を始める必要があるのです。

これは過去の大会のデータを調べてみると、どの大会についても言える事でした。

そこで、なるべく早く準備を始める必要があるでしょう。

スポンサーリンク


5.バランスを考慮する

2020年東京オリンピック・パラリンピックで得た利益をどのように分配していくのかという問題も残っています。

例えば、公共施設の充実に期待している方は多いのですが、忘れてはいけないのが財政健全化計画の問題です。

皆さんお馴染みの財政健全化計画ですが、この期限は東京オリンピック・パラリンピックと同じ2020年なのです。

そこで、そちらにも集中する必要があるという事ですね。その戦略において東京オリンピック・パラリンピックも要点になるのでしょうが、そもそも健全化の方が重要だという意見もあります。

更に、財政健全化計画の全容というのは見えていません。

今後どのように黒字化させていくのか、明確な道程というのが提示されていないのです。

東京オリンピック・パラリンピックを財政の不安が無く遂行する為には、このような問題も同時に考えていく必要があるでしょう。

スポンサーリンク


財政不安の無い2020年東京オリンピックを目指す5つの要点とは?

1.東京オリンピックの経済効果はあくまで仮定である事を理解する
2.東京オリンピックで予想通りの外国人が訪れるのか不安が残る
3.東京オリンピックを招致へと繋げる
4.開催までの期間を最大限利用する
5.バランスを考慮する

2020年東京オリンピック

日本にはまだまだ経済的な問題が残されています。そんな中のオリンピック開催。専門家の中には財政不安を問題視する声も聞こえます。

しかし、対応策というのももちろん存在しているでしょう。

そこで、しっかり対策をして2020年東京オリンピック・パラリンピックを迎えたいですね。