2020年東京オリンピックで期待出来る5つの経済効果

0
168

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によって得られる経済効果とは、表面的なものだけではありません!

隠れている中には今後の日本を考える上で重要な経済効果というのも存在しているのです。

そこで、今回は5つのポイントからご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.東京オリンピックをきっかけに人々のやる気を呼び起こす

2020年東京オリンピック・パラリンピックは私達の住んでいる日本で開催されます。

これは日本国民にとっては誇らしく、そして喜ばしい事ですね。
そこで改めて考えていきたいのは、ここ数年の国民性についての話です。

ここ数年、日本は非常に不安定でした。まさに、デフレな考えが頭に染みこんでいてしまったのです。

一生懸命働けばあまり結果が出せていなくてもその努力が評価される時代もありました。

しかし、今では一生懸命働いていても、しっかり結果を出していてもそれが当たり前になってしまっています。

もちろん、社会人としては当然な考えではあるのですが中には不遇な対応によって理不尽だと感じ、やる気を失ってしまっている方も多いのではないでしょうか。

無職率も減少しつつ、新たな風の到来を予感させている中の東京オリンピック開催でこの考えはどう変わるのか考えていきたい点です。

スポーツによる熱気、更に自国でのオリンピック開催、経済への期待も高まる中、こうした国民の考えも変わっていくのではないかと考える専門家が多いのです。

2.やる気が経済に繋がる

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によって起こる考え方の変化が、どう経済に繋がっていくのでしょうか。

雇用の機会も増え、東京の活気は溢れるでしょう。更に、飲食店への素材提供など他のエリアの方々にとっても見逃せないチャンスです。

なんだ精神論か、と思われるかもしれませんが、実際にはやる気というのは大きな影響を生み出します。

特に日本人全体のテンションや考え方というのが完全にマイナスにハマってしまっている現代では、急成長を見せる事も考えられます。

比較的新しい会社の方が伸び率が良いという話がありますが、それは当然の事ではありますが、会社全体の気力の問題でもあると専門家は答えます。

確かに、社員が同僚との競い合いだけではなく、会社全体の利益を考えて働く事が出来る会社というのはそれが出来ない会社よりも多くの利益を上げる事が出来るでしょう。

スポンサーリンク


3.東京オリンピックの期待値にも注目する

2020年東京オリンピック・パラリンピックによる経済効果というのはあちこちで算出されていますが、それはあくまで需要のみを計算しているものです。そこに関する期待値というのは含まれていないのです。

例えば、年々需要が高まっていますが、各宿泊施設や公共交通機関では、もっとバリアフリー化が進む可能性があるのです。

これは、元男子陸上競技選手の為末大選手もおっしゃっていました。これは、バリアフリー化された都市をつくろうというものです。

今回日本はオリンピック招致の際に、おもてなしというキーワードを出しました。そのおもてなしとバリアフリー化には通じるところがあるでしょう。

実際に、日本のバリアフリー化というのは他の国に比べて進んでいる方ではあります。

しかし、実際の利用者からは不便だと感じる声も多いですし、まだまだ安心して一人で歩けるというレベルには至っていません。

ここで、バリアフリー都市構想が現実化すれば、利用者にとって住みやすく、また訪れやすくなるという事だけではなく、大きな経済効果も生まれます。

スポンサーリンク