2020年東京オリンピック開催で期待したい5社のスポーツメーカー

0
128

2020年東京オリンピック・パラリンピック決定によって既に関連銘柄は上昇を始めています。

今後は実需が増え、安定してくる時期でもありますね。

そして、開催直前にはまた上がる可能性が高いと非常に魅力的です。

そこで、今回は関連銘柄の中でも5社に注目してみたいと思います。

スポンサーリンク


1.東京オリンピックでasics(アシックス)に注目する

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催によって注目したい5社。

まず、最初はアシックスについてご紹介させて頂きます。

アシックスグループは子会社51社を抱えています。

スポーツウエアブランドとしても有名ですが、スポーツシューズやスポーツ用品の製造など、スポーツに関する商品を主に展開している会社です。

子会社は陸上競技用機器や用品の製造販売を主に行う会社や、支払いに関してのファクタリング業務を行っています。

アメリカでも商品を展開しており、アシックスアメリカコーポレーションなどが活躍中。

高品質な日本のスポーツ用品は現地でも大きな人気を集めています。

アシックスといえば日本でも有名なスポーツメーカーの1つ。

それだけに知名度も抜群です。

オリンピック開催によって注目したい筆頭メーカーといえるでしょう。

2.mizuno(ミズノ)に注目する

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催で注目したいスポーツメーカー、2社目はミズノをご紹介させて頂きます。

野球やゴルフ用品にも注目が集まりますが、基本的にスポーツ関連のアイテムを幅広く取り扱っています。

他にもスポーツ施設の建設、運営はもちろんスポーツ機器の製造や販売も行っています。

近年ではスポーツのスクールも開いており、スポーツを主軸に幅広い経営を行っているのが魅力です。

また、24年6月にはセノーの全株式を取得し、子会社化する事に成功しました。

そして、平成25年1月には3社の子会社をミズノテクニクスに統合しています。

ミズノも日本ではお馴染みのメーカーですが、イタリアやアメリカでも事業を展開しており、現地での知名度、存在感を高めています。

スポンサーリンク


3.東京オリンピックでDESCENTE(デサント)に注目する

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催で注目したいスポーツメーカー、3社目はデサントをご紹介させて頂きます。

主にスポーツウェアとその関連商品を製造・販売しています。

こちらのグループでは包括的な事業展開を行っているのが特徴で、会社所在地ごとに必ず製造や販売の拠点を置いています。

日本ではアスレチック、ゴルフ、アウトドアを主体にし、アジアではアスレチック、ゴルフ事業を、アメリカではスキーウェアを中心にアウトドア事業を展開しています。

普段ではあまり聞き慣れないメーカーかと思いますが、実は多くのブランドを展開しています。

センスの高いデザインもあり、特に若い方から支持されている会社です。

東京オリンピック・パラリンピックに参加する選手の中にも利用している方は多いでしょうし、ここで一気に注目度が高まる可能性もあります。

スポンサーリンク