2020年の東京オリンピックのときの7つのボランティア

0
758

5.セキュリティチェックもボランティアの仕事になる

東京オリンピックのボランティアには、セキュリティチェックの仕事もあります。

内容としては、競技会場内外の警備やセキュリティチェックです。

選手村や会場に出入上するときのチェックなども行います。

東京オリンピックに関わらず、世界の色々な国で行われるオリンピックというのは、いわば「世界中の大切な選手達を預かる場」でもあります。

なので、セキュリティチェックなどをしっかり行って、選手や関係者に万が一の事がないように、努める必要があります。

万が一の事態になってしまえば、国の責任になってしまいますが、オリンピックに関わる全ての人を守るために、2020年も大切な役割を担っているのです。

スポンサーリンク


6.英語が出来るなら、通訳スタッフになる

2020年の東京五輪では、英語が出来る人が活躍できるボランティアもあります。

通訳のボランティアをするためには、通訳案内士の資格が必要になる事もあります。

オリンピックを見に来る外国のお客さんに対して、観光案内などを行います。

また、2020年には、英語を話せる以外にも、各国の言葉を話せる人が求められる事になるでしょう。

特にアフリカ圏の言葉を話せる人というのは、東京オリンピックでは、重宝されることになります。

今からオリンピックのボランティア参加に向けて何かを始めようという人は、通訳案内士の資格を目指すのもいいですが、アフリカ圏の言葉を話せるようになるのも、良いかもしれません。

7.医療系の資格があれば医療スタッフになれる

医療系の資格を持っている人が、東京オリンピックのボランティアに応募するなら、医療サービスなどのボランティアがあります。

選手や関係者、観客に対する医療サービスを提供します。

東京オリンピックは夏なので、熱中症などになってしまう人もいるかもしれません。

そういう人たちをケアするためのボランティアになります。

また、選手のドーピングコントロールをすることも、医療系ボランティアの仕事の1つです。

ドーピングコントロールとは、選手がドーピングを行ったかどうかを調べるためのものです。

航平名競技を行うためには、とても大切な仕事です。

医療系の資格を持っているなら2020年東京五輪のボランティアに応募してみてください。

スポンサーリンク


2020年の東京オリンピックのときの7つのボランティア

1.会場案内のボランティアをする
2.競技運営もある
3.ドライバーも、東京オリンピックのボランティアになる
4.表彰式のサポートをする
5.セキュリティチェックもボランティアの仕事になる
6.英語が出来るなら、通訳スタッフになる
7.医療系の資格があれば医療スタッフになれる

2020年の東京オリンピック

2020年の東京オリンピックは、日本にとっても、世界にとっても一大イベントです。

それを成功させるためには、やはり、ボランティアの力が必要になります。

東京オリンピックのボランティアに応募して、成功させるために力を使ってみてください。